トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

黄モッコウ薔薇

黄モッコウ薔薇
この時期あちこちにの庭で垣根に絡まって咲いているのを良く見掛けるポピュラーな薔薇。
あんまりどこにもかしこにもあるのがいやになっちゃって、田舎の母にあげてしまった。
今迄咲き始めただろうか?

この画像は一昨年わが家の庭で咲いていたときのもの。

こうして見るとやはり美しい。

枝を貰って挿し木しようかな?

| | トラックバック (0)

今日の庭

   伸びてきたキャットミント

Ts330202_2

 

Pa0_0014

盛りのクリーピングタイム。Pa0_0004

|

ウインターコスモス

春なのに咲いている。               

Ts330520_2    

放っておくと背が高くなりすぎて見苦しいので、

しょっちゅう切り詰めるようにしている。

そのせいかどうなのかわからないが、

真夏以外いつも花をつけているように思う。

薔薇とも良く合う可愛い花だ。

アルンウイック・キャッスルと一緒に。

去年撮影。

Pa0_0135 Pa0_0136

|

ナニワイバラ

昨日は蕾だったのに、今日は見事に開ききっていた。

地植えにすると大きくなり過ぎて困るので、

鉢に植えて株元に姫うつぎを混植している。

咲く時期が重なるので、結構いい雰囲気。                                                   

 Pa0_0011 Ts330521                      

   Ts330526_2

姫うつぎだけの鉢は満開状態。

  Ts330523                                                                      

|

ノワゼット・シンデレラ

Pa0_0005
かざぐるまみたいに渦巻き状に開いている花びら。
この状態で結構散らずに保っている。
昨日の強風をものともせず。
花びらも傷んでいない。
なんていい薔薇だろう。

3つ目の花が開いてきた。

うっすらピンク色をしている。   Ts330514    

Pa0_0015                            

|

棘無しレモンの蕾

棘無しレモンの蕾

以前料理に使ったレモンの種を播いてみたら

芽が出て、スクスク大きくなった。

自宅でレモンが収穫出来る日は近いと、ワクワクしたものだが、

何年経ってもいっこうに花が咲かない。

木ばかり大きくなりおまけに棘がすごい。

とうとう去年この木は諦めて、生協のカタログに載ってた

「棘無しレモン」の苗を手に入れた。

まだ小さな苗なのに 、今随分と蕾をつけている。

これは期待できそう。

|

西洋おだまき

綺麗に開ききった。

Pa0_0001_4 Pa0_0002_2   

|

ノワゼット・シンデレラ

咲き進んで、ふんわりひらひら状態になってきた。

これはこれで趣があって素敵だ。

外側の花弁は反りかえり気味。

蕾には赤い色を浮かべている。

                      

Pa0_0005_2 Pa0_0019

Pa0_0004  

紫燕飛舞。

横顔も素敵。

「紫の燕が飛び舞う」なんてロマンティック。 

Pa0_0003

   

Ts330486

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガーも綺麗に開いて。

|

セラスチウム

セラスチウムが咲き始めた。

独特の銀色の葉には、この白い色の花以外合わないと思う。

Pa0_0003_3 Pa0_0001_3                                                                                          

                       

  

  

姫うつぎも満開になって来た。

右側は斑入りのもの。

Ts330438_2 Pa0_0008 

Ts330430 Pa0_0005  

西洋おだまきも咲き始めた。

                                                                                                                                   

|

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー

  また少し咲き進んできたけど、まだ7分咲きといったところかも。

  この薔薇の色も形容しようのないすばらしさ。

  アプリコットがかったピンクとでもいえばいいのか。

  アンナ・オリビエの色に似ているけれど、やはり違う。

  マドモアゼルのほうにはより沢山のピンクが溶け込んでいる。

  蕾にはショッキングピンクが滲んでいる感じ。

  Pa0_0013 Pa0_0011                     

                   

 

     Ts330382

  今日のルイーズ・オディエ。

     Ts330407

   挿し木したデンティ・ベスの蕾も色付いてきた。

     Pa0_0017

|

ノワゼット・シンデレラ

まだまだ開きそうにないなという蕾の状態に思えたのに、朝には開いていた。
嬉しい誤算。

      Ts330362

クリーミィホワイトピンクとでも言おうか。とってもとっても美しい花色。
花径も5cm位でまさに私好みの薔薇だった。

うっとりしてしまう。巡り会えたことに感謝しよう。

    Ts330388

  なかなか実際の色が写真に撮れない。

 ああ、花が綺麗に撮れるデジカメ が欲しいなあ。

 家族の誰にも届かない心の中のつぶやき。

 ノワゼット・シンデレラ 本当に愛らしい素敵な薔薇。

 Pa0_0014ほんのりかすかにいい香りがするの。

Ts330410   

|

ケストルム・パープルエレガンス

2008415_081 気のせいか年中花をつけているように思える。

冬中ずっと咲いていたし、今も次々蕾をつけている。

地味な花だが、濃い紫色がわが家のくすんだぴんく色の壁によく映えている。

葉も常緑(のよう)だ。

切り詰めても切り詰めても、どんどん新しく枝を伸ばしてくる。

とにかく丈夫で世話要らずだ。  

  2008415_083_3 花はこんな感じ。

 

| | トラックバック (0)

今日の

 マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー

 外側の花弁が開いてきた。

 中心も少しほぐれて。

 うっとりするような綺麗な綺麗な色。

     Ts330319

     2008415_085

ノワゼット・シンデレラ

あと何日したら開くだろうか?待ち遠しい思い。

     2008415_084

    

ルイーズ・オディエ

2番目に開いた花。

     2008415_066

オールドブラッシュ・チャイナ

      2008415_045                 

2008415_072

|

次々開く姫うつぎ

暖かい日が続くので、次々花を咲かせて行く庭の花達。
Pa0_0015 姫うつぎ

Pa0_0009 黒ロウバイ

Pa0_0011 棘無しレモンには蕾が。

Pa0_0013 チェリーセージ

 さくらんぼ色?

 なんともいえない愛らしい色。

 赤にアプリコット色とピンクとイエローが溶け込んだような色とでも言えばいいだろうか。

Pa0_0003 シラー・カンパニュラータの花も釣鐘型に。

Pa0_0010 クリーピングタイム。花盛り。

|

姫うつぎ咲き始める

Pa0_0006  数輪、蕾が開いていた。

 小さな可愛い花。

夕方田舎の父から電話がある。

まるの眠っている柿の木の下に、赤い大きなチューリップが咲いたそうな。

毎年咲くけど、今年は両手の親指とひとさし指で丸を作った程に大きいらしい。

このチューリップの球根、きっと父が思いを込めて植えてくれたものに違いないと私は思っている。

父に問い質してもとぼけて「さあ、誰が植えたんかのう?」なんて言ってるけど。

陽だまりでうたた寝するのが大好きだったまる。

もう一度会いたいな。

|

黒ロウバイ

Pa0_0005 黄緑色の葉に黒紫の花。
まだ小さな苗だが花をつけてくれた。
鉢植えのまま育ち方を観察中。
花木は地植えする場所を決めるのに、いやがおうでも慎重に成らざるをえない。

気に入って植えたのに枯らしてしまったものも多い。

Pa0_0402

 

  

      

  花の中心部が黄色で赤紫の花弁をひきたてて素敵だったライラック(ナイトという品種)も枯れた。

ミモザも随分大きくなってたのに突然枯れた。

大好きなグレーグリーンの葉にフワフワのレモンイエローの花をつけ、

春の訪れを真っ先に告げてくれていたのに。

園芸店の隅に100円の見切り品になっていたミモザを見つけ、今鉢で育てている。

ライラックもミモザも庭の有る家を持てたら必ず植えようと

昔から思ってた憧れの木だ。

 

 

|

今日のウイリアムシェイクスピア2000

  中心部の巻きがほぐれて、花芯の白いしべがのぞいてきた。

  とても花保ちがいいみたい。

     Ts330276

 新しい葉には紫色が混じっているようだ。

 新葉に埋もれるようにして。

     Ts330273

  横から撮って。

     Ts330287

   

|

ウイリアムシェイクスピア2000も

  ウイリアムシェイクスピア2000も開いてきた。

  黒紫の深い色。

  薔薇の色って同じような色でも、種類によって微妙に違う。

  そこがいいのよね。Ts330229

  上は昨日。下は今日。

 開くのがゆっくりみたい。 

 中心の巻き具合が素敵。                   

                    Ts330264

|

シラー・カンパニュラータ(球根つりがね草)

2008415_009 緑の葉の間から、

蕾の付いた花茎を伸ばしてきた。

ピンクや白も有る様だが、これは青。

5~6球の球根からどんどん殖え、

今では100球以上になっているんだろう。

群生という趣。

西洋おだまきもライトグリーンの葉っぱをわさわさ繁らせてきた。

蕾もライトグリーン。黄色の花が咲く。

Pa0_0001_3 Pa0_0000

| | トラックバック (0)

月桂樹の花

  Pa0_0004

雨に濡れ、濃い緑色がいっそう深まっている。

花って今頃咲くのね。

成長が早くどんどん大きくなっていく。

 Ts330239

 姫うつぎの蕾も日に日にふくらんできている。

Pa0_0388 この画像は去年枯らしてしまった梅花うつぎ。

大株になっていて花の盛りにはそれはそれは見事だった。

お隣さんに挿し木してあげたのが元気なので、枝を貰い只今挿し木中。

|

食卓の花

 Pa0_0161

雨降りの日は、庭仕事も出来ないので、

綺麗に撮れた過去の薔薇の写真を眺めて。

少しは気分が明るくなるかな?

 

アップにして。

Pa0_0152

 

|

実生のコーネリア 苗

 Ts330054

 昨秋コーネリアに一粒ヒップがついた。

 割ってみると7粒種が入っていた。

 暮れに赤玉土(小粒)に蒔いてみたら、2月下旬

 に芽を出した。

 それもたったの一芽。

 2008415_004

 今は、この状態だ。

 花が咲くまでにおおきくなあれ。

| | トラックバック (0)

クリーピング・タイム

ふと足元を見ると、蕾をつけていた。

暖かくなって来た途端、庭のあちこちで宿根草が咲く準備を始める。

クリーピング・タイム2008415_007 2008415_008            

丈夫でカーペット状に広がって、どんどん殖える。

|

ツーエンフェウー(紫燕飛舞)咲く

  朝は少しほぐれかけたという程だったのに

       Ts330192

 昼にはもう開ききって、豪華。

       Ts330210

 花弁の多い独特の花型。花径 8~9cm。

 紫色の滲んだ濃いピンクとでも言おうか。

 マギーともいうんだとか。

|

こぼれ種からの苗

Pa0_0002 庭のあちこちに苗が出来ている。

ダールベルグ・デイジー。

Pa0_0105 咲くとこんなに可愛い。

これは去年の画像。

2008415_012 これはたぶんジギタリス。

この葉っぱの感じからすると、黄色の小さめの花が咲く種類かな?

ルテアとかいう名前のでは?

咲くのが楽しみだ。

|

ルイーズ・オディエ

下の方の蕾が開いてきた。

      Ts330182_2

 昼頃にはもっと開いて。

  花径 6cm。このくらいの大きさが好き。

      Ts330195

 夕方には開ききって平べったくなった。

 中心に黄色のシベが見える。

      2008415_028_3

|

キャットミント

Pa0_0002 Pa0_0001_2

                                                                                                                           

グレーグリーンの葉が綺麗。

数年前種から育てた苗が宿根して、

それからはこぼれ種からも苗が出来、

庭中に広がった。

でも自己主張せず控えめで上品なので大歓迎。

花の色もなんともいえず素敵だ。

水色と言おうか、ライラックブルーと言おうか。

|

薔薇の蕾達

2008414_008 またまたノワゼット・シンデレラ。
白地にほんの少し赤い色がのってる。

本日ばらぞうむし(くろけしつぶちょっきり)発見。

警戒警報発令!

|

ペチュニアとロベリア

2008414_014_2

寄せ植えはあまり好きじゃないけど、

ペチュニアとロベリアは一緒に植えるといい感じになる。

花友達Mさんが4ポットで50円の苗を売ってるよ」と、

教えてくれたので、頼んでgetした。

持つべきものは、花友だ。

それにしても、儲けは有るのかしらと心配になる程の安さ。

ペチュニアは、小輪のピンクで中心が黄色く抜けているタイプ。

ペチュニアもロベリアも昔は種から育ててたけど。

ここ何年もさぼってる。

|

姫うつぎに蕾が

うつぎ(空木)が好きで何種類か持っている。

中でも姫うつぎは、大きくなり過ぎずコンパクトに育つし花も可愛い。  

知らないうちに沢山の蕾がついていた。

    2008411_027_2   

咲くとこんな感じ。Pa0_0391

これは一昨年の画像。

  

    

  2008414_025

斑入りのタイプも持っている。

こちらの方が早く咲くかもしれない。

ほんの少しほころびかけてる蕾がある。   

  

|

満開の利休梅

早くも満開になった利休梅。

遠くから見ると、林檎や梨の木の様にも見える。

でもやはりアップで見る方が、美しいと、私は思う。

玄関ドアにかぶさる様に上からしだれて。

 Pa0_0403 Ts330142 

|

こぼれ種からのパンジー

毎年夏の終わりにパンンジーの種をまくのだけれど、昨年は一粒も蒔いていなかった。

別に忙しかった訳でもないのに。

でも、二株程こぼれ種から育ち花を見せてくれた。

オレンジと黒紫、どちらも好きな色。

Pa0_0001_2

                        Pa0_0030_2 

| | トラックバック (0)

薔薇の様な桜

花友達 I さんに誘われて出かけた公園で、

可愛い桜をみつけた。

半八重咲きの小さめのピンクの花が、

こぼれんばかりに咲いていた。

     2008411_012_2     

蕾はショッキングピンク色。

アップで見ると、まるで小輪房咲きの薔薇のようだ。

まあ桜もバラ科だものね。

名札には「しだれ桜」とだけあったけど、

ちゃんとした名前が知りたい。

                                                                    

それに、広い庭が有ったとしたら、この桜なら植えたいな。

2008411_001 他にも素敵なのが有った。

桜もいいな。

|

アプリコット色のパンジー

アプリコット色のパンジー

去年は種からパンジーを育てたのにね。

大好きなパステルアプリコット。

こんなグラデーションが好き。

|

食卓の花

淡ピンクの小さな薔薇は、ブラッシュ・ノアゼット

真ん中のオレンジは万葉

ダークパープルのはウイリアム・シェイクスピア2000

              (だったと思う)

          

                         

盃型のガラスの花瓶に活けて。

Pa0_0176

     Pa0_0177_2

   

                                                                                                                                                          

  

|

ブルーベリー  サンシャイン・ブルー

Pa0_0026 ヨーグルトにブルー ベリーソースをかけて食べるのって最高。

自宅で無農薬で栽培し、ジャムを作りたくておととしの秋植えた。

(ちゃっかり、誕生日プレゼントにリクエストして)

去年の今頃、ピンクの混じった白い釣鐘型をしたちいさな花を沢山咲かせてくれた。

結実したのはたった二粒だったが、とっても甘くて美味だった。

今年も沢山の花をつけている。

さて何粒食べられるかな?

  

蕾は最初は赤みを帯びているけど、

                       だんだん白っぽくなっていく。

014

|

マサコを活けて(2006)

マサコを活けて(2006)

綺麗な綺麗なピンク色。

うっとり。

| | コメント (0)

 桜Pa0_0409

団地内に植えられているソメイヨシノが今を盛りと咲いている。

さくら色の花弁にシベの赤紫がアクセントになっている。    

このまま切り取って振袖が作れそう。

溜め息のでるほどの美しさだ。                            

|

べロニカ ブルー・フォンティン

べロニカ ブルー・フォンティン

常緑宿根草

画像では大きくみえるけど、オオイヌノフグリに良く似た水色の可愛い花。

|

プリムラ

2008414_007 今は亡き祖母からもらった飾り気のないプリムラ。

今年も咲いた。 

周囲のメドウセージの繁殖力がすごくて、株が弱ってきた。
別の場所に移してあげなくては。

毎年咲くたびに、可愛がってくれた祖母を想い出す。

十数年が経っても、このプリムラが想い出させてくれる。

色とりどりのプリムラが出回っているけど、この素朴なのが一番好き。heart

|

赤紫のクリスマスローズ

018_6

俯いて咲いているので、中心部の素敵なシベを撮るために小枝で持ち上げて。

素敵な色の対比。

早く大株にな~れ。

|

すくすく元気なノワゼット・シンデレラ

少し赤味がかっているみずみずしい緑色の葉が綺麗だ。

小さな蕾が沢山付いている。

今年になって迎えたニューフェイス。 

どんな花が咲くか楽しみ。

|

ローズマリー(這性)

ローズマリー(這性)

今が盛りと咲いている。

小さく地味で目立たない花なんだけど、

色はこんなに目のさめるようなブルー。

|

赤紫のクリスマスローズ

赤紫のクリスマスローズ

今年は咲かないかも…と心配だった小さな株。

蕾をつけ花を見せてくれた。

この色素敵。

後ろにみえるのは、私の庭で一番早くから咲き出したムスカリ。

アルメニアカムという種類だったっけ。

5.6球から殖えに殖えて、今はおそらく何百球にもなっている筈。

|

一昨年のフェリシア

一昨年のフェリシア

フェリシア FELICIA

シルバーピンクで中心は濃いピンク。

名前も色も花の大きさも全てが私好み。

大好きな薔薇。

地植えにしていたけど、管理が悪かったためか年々弱って

瀕死状態になった。

昨年、掘り上げて鉢植えにし、再起をはからせているところ。

細根が全然無い状態だった(涙)

|

利休梅が咲いた

利休梅が咲いた
利休梅が咲いた

数日前は蕾だったのに、次々と開き始めた。
純白の凛とした清楚な花。
どことなく気品が感じられる。

子供達が幼い頃に出先のパーキング近くの園芸店で買った。

30cmにもならない小さな苗木だったのに

今では二階に届くまでに大きくなった。

二男が「パーキングの木」と呼ぶ思い出の木。

|

昨年のアンナ・オリビエ

アンナ・オリビエ

おととし、通販園芸カタログの写真に心を奪われ、

躊躇せず注文した薔薇。

期待に違わず、昨年の春、なんとも麗しい素敵な花を咲かせてくれた。

思ったよりも大きい、ベージュにアプリコットオレンジが溶け込んだ

ふんわりひらひらとした花。

艶やか豪華な超美人。

こんなに綺麗に咲いたのに、その後 コガネムシの幼虫に

根をかじられて生育が思わしくない。

今年もまたあんな風に咲いて欲しいものだけど。

|

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズ

鉢に植えっ放しなのに大株になって、

毎年気品ある清楚な花を見せてくれる。
今年はもう終わりかけ。

長男が中学生の頃、プレゼントしてくれたガラスの水さしに活けた。
良くマッチしてて、百均のものとは思えない。(笑)
花瓶は透明なガラス製が好き。
茎まで見えるのが。
趣味にピッタリ合うのを見つけてきてくれて、ありがとう。

|

白のも青紫のも

白のも青紫のも

白のも青紫のも

両方ともオレンジがかった黄色のしべが、

花弁の色をひきたてている。

あまり手をかけなくても、良く殖えて冬を越し、

早春から花を咲かせてくれる健気な花。

|

青紫のつるはなしのぶ

青紫のつるはなしのぶ

青紫の方が古株。

白い方が花びらがほっそりしてて、

青紫の方はふっくら丸っこい感じ。

どちらも可憐で可愛いの。

|

白いつるはなしのぶ(矮性フロックス)

白いつるはなしのぶ(矮性フロックス)

ニ男が中学生の頃の 母の日だったかな?
「これで花の苗でも買いな」と、

ボソッと言って渡してくれた数百円。

それで買った苗が、今迄で一番綺麗な花を咲かせた。

|

花、とりわけ薔薇が好き

Ts332437 

子供の頃から土いじり、草取り、花の世話など

庭仕事が好きだった。

私の庭仕事好きは、母方の祖母と母譲りのものだと思う。

二人とも忙しい農作業の合間に色々な花を育てていた。

そう、それに実家の庭には、

祖父が植えたという見事な薔薇も一本あり、

毎年初夏にそれは見事な花を

こぼれんばかりに咲かせていた。

そして甘い馥郁とした香りを漂わせ、

ミツバチや花アブが群がっていた。

私が最初に出会った薔薇は、祖父の薔薇だったわけだ。

実家のこの薔薇は今はもう無いが、

この薔薇を母が挿し木してくれたものが

私の庭で大きく育っている。

Ts332502_2

田んぼの土みたいなのにぶすりと挿しておいたら

根が出たとのこと。

なんとも驚きだが、母のおかげで、祖父の形見の薔薇を

今でも毎年楽しむ事が出来ている。

名前は不明だが、

図鑑やなんかで目にするファイルヒェンブラウ

別名ブルーランブラーではないかと思う。

Ts332506

私にとって大事な大事な思い出の薔薇。

         

|

トップページ | 2008年5月 »