« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

雨上がりの庭

そろそろクラリーセージも終わりかしら。

切りもどしたらまた咲くだろうか。

マロウのある側。

   Ts334195_2

アナベルのある側。

   Ts334198

花びらがほとんど散って、がく(?)だけ状態だけど

意外にも美しい色をとどめているクラリーセージ。

   Ts334191

   Ts334171

マロウも咲き続けている。

   Ts334176

ヘリテージ。

   Pa0_0004

花びらの多いラジオタイムス。

   Ts333995   

   

|

ブロワリア

ブロワリアの苗を売ってた。

1ポットが38円だったから、思わず買いそうになったけど、

去年育てた分の種を保存してあるのを思い出しやめた。

ブロワリアも大好きな花だ。

これは私に種まきしろということなのだろう。

   Pap_0070

去年の画像。

青っぽく見えるけど、もう少し紫がかっていたかな?

花期が長くって、見苦しく伸びすぎたら刈り込めば

また新しい芽が出てこんもり茂るおりこうさん。

   

白い色のもあるみたいだけど、白はまだ育てた事が無い。

枯らしてしまった薔薇の画像を見つけた。

つるスーブニール・ド・ラ・マルメゾン。

とっても美しい薔薇だったのに。

   Pa0_0398

そういえばつるじゃないマルメゾンも枯らしたんだった。

縁の無い薔薇ってあるのかしら。

マルメゾンは また育てたいと思っているのだけど。

   Ts334112_2

   

雨が降る前に切った庭の花をグラスに。

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー、フェリシア

それにマロウも。

でもマロウはちょっと香りがきつ過ぎるみたい。

家族からクレームが出る前にとりのぞいた。

   

   

  

   

   

|

ペネロープ

クリーミィホワイトの磁器のような質感の花弁。

でもどことなく温かく心惹かれる感じがする。

ペネロープ(ペネロペ)って、夫がトロイア戦争から帰還するのを、

20年も待ち続けた女性なんですって!   

   Ts331352 

花弁数は多くなく、半八重咲き。

   Ts331404

なんかちょっと椿っぽい雰囲気。

新しい葉は銅色をしているの。

後ろにほんの少し見える青は、メドウセージ。  

   Ts333992

黄色のシベが綺麗。

   Ts334002

メドウセージは逞しく旺盛に繁茂している。

深い青紫色。

葉は明るい緑色。

   Ts334068

   

   Ts334071

まだまだみずみずしさを失っていないアナベル。

   Ts334079

今日は少し庭のごみを集めただけでもう夕方になった。

庭にいる時には時間が三倍速で過ぎていく(ような気がする)。

|

フェリシア

名前も素敵なフェリシア(Felicia)。

花弁の裏の方が濃い色をしている。

2メートルにも伸びて、房咲きになるはずなのに、

私のフェリシアはまだ瀕死状態からの復活を遂げていない。

でも、ポツリポツリとチャーミングな花を見せてくれてる。

   Ts331627

横顔美人さん。

   Ts331975

   Ts331625

後ろ姿もいい感じよ。

   Ts331626

キャット・ミントも元気。

   Ts333777

木立ち性クレマチスのデュランディ。

深い青紫色。

   Ts331383

サルビア コッキネア(コクシネアかな?)

こぼれ種で毎年苗が出来るの。

   Ts333878

   

| | トラックバック (0)

良く咲くジャック・カルチェ

いろんな表情を見せてくれる美しい薔薇。

5月中旬に咲いたのにまた蕾をつけている。

下は5月の花。

   Ts331656

外側が薄いピンクで内側は赤っぽいピンクだった。

   Ts331658

   Ts331745

開き切ると赤味が消えた。

   Ts331793

この頃にはジギタリスが盛りだった。

   Ts331670

|

小ぶりに咲いたラジオタイムス

曇っているけれど風があって気持ちのいい日だ。

こんな日は、たまってる庭仕事を片付けなくては。

あじさいの剪定や、庭中に落ちている薔薇の葉集めなど。

薔薇は一段落して、今の庭はちょっぴりさみしい。

それでも今日はERのラジオタイムスが二番花を咲かせていた。

かなり小ぶりな花で可愛い。

   Ts333766

サーモンピンク色をしている。

もう少しフェミニンな名がお似合いだと思うけどな。

またいつ雨が降り出すかわからないので、

切り花にしてこれもまた二番花 のジギタリスと

グラスに生けてみた。

オレガノの小さなピンク色の花や、

パイナップルミントの斑入りの葉やなんかも。

   Ts333787

このグラスは百均のもので専ら花瓶として愛用している。

   

|

バタースコッチが大輪

茶系の薔薇も好き。

このバタースコッチはキャラメル色というのかな?

   Ts331348

地植えにしていたのを鉢上げし、肥料をたっぷりやったら

ここ何年も見た事が無いくらいの大きな花を付けた。

なんと花径12,3cmもあったの。

   Ts332733

しかも何年ぶりかで目にする房咲きだった。

薔薇ってちゃんと応えてくれるのね。

   Ts332192

でも本当のことを言うと、

私は中輪薔薇が好きだから、

もう少し小さめに咲いてくれても良かったかな(なんて)。

   Ts332442

上の画像は5月下旬のローズゼラニウム。

毎年花を見ると、あんまり可愛いものだから

挿し木して殖やして次の年には鉢からこぼれんばかりに

咲かそうと思うんだけど。

今年こそやらなくてはね。

   

|

夏色のルドベキア

チェリーセージに埋もれるようにして、ルドベキアが咲いた。

   Ts333720

花びらが細長い小ぶりのひまわりといった雰囲気。

道ゆく人によく間違えられる。

   Ts333714

確かに明るく元気な夏のイメージ。

   Ts333716

チェリーセージはこんなに伸びている。

刈り込んでやらなくちゃ。

綺麗なチェリーピンク色ね。

   Ts333630

今日もマロウは沢山咲いて綺麗。

   

   Ts333693

梅雨らしくあじさい(墨田の花火)も、咲いていて、

うっすらピンク色を帯びている。

   Ts333680

名前のわからない斑入りの額あじさいも。

   Ts333676

くれない(紅)はもう終わりかけ。

   Ts333351

|

ブラウン系名前不明薔薇

ミルクをタップリ入れたコーヒー色をしていて、

花弁裏はオレンジブラウン色。

その対比が素敵だ。

   Ts333494

残念なことに名前不明だけど、お気に入り。

膨らんだ蕾の時は花弁の裏と表の色の違いが良くわかる。

ぷっくりした蕾もラブリー。

   Ts333488

横顔も素敵だし。

   Ts333491

ジュリアっぽい感じに開いたところ。

ほんとにシベが多いの。

   Ts333562

小雨の中の私の庭。

マロウの色は、グレーピンクの壁の色とも合ってる。

   Ts333604

フェンスの外、下の道から見上げると、

クラリーセージがこんなに丈高く伸びている。

私の背くらいあるのよ。

   

   Ts333600

|

麗しきレディ・エマ・ハミルトン

ためいきの出るほどの美しさ。

まさに美女、ヴィヴィアン・リーが演じたレディ・エマ・ハミルトンだわ。

花びらの数はそんなに多くなく、ふんわり軽やかに咲いて、

どことなく儚げでもあるんだけど。

   Ts333458

エマ様と呼びたいくらいのお気に入り、昨年迎えたER。

花径はこの花で9cmくらい。

下の画像はちょっぴりエマに似た色合いの

フロリバンダローズ 万葉。

でも花びらの形とふんわり感が違ってる。

もう3番花くらいで、花径6cmと小ぶりな花をつけている。

   Ts333464

私ってほんとうにこんな風にアプリコット、オレンジ、イエローが

混じったような色が好きなのね。

|

美しいマロウ

朝方までひどく降っていた雨があがり、

庭の花たちもたっぷり水分補給して

生き生きして見える。

マロウは今日もとびっきり美しい。

グレース・ケリーが愛した花なんですってね。

   Ts333460

アナベルとクラリーセージもお互いの良さを引き立てあって

いい感じ。

丸い花の側には穂状の花がいいと、

何かで読んだような気もする。

葉の色も明るい黄緑と濃い緑で、

しかも手前の黒ろうばいの葉が加わり

いいバランスだと一人悦に入っている私だ。

   Ts333440

薔薇は一段落したけど、ポツリポツリと咲いているのもある。

とっても写真うつりがいいんだけど、名前不明の薔薇。

なんて素敵な色だろう。

花弁の裏側の方が濃い色をしているの。

ああ、名前が知りたいな。

   Ts333436

   Ts333466

|

ストロベリーアイス

とっても写真うつりのいい薔薇で、花もちもいいの。

花弁もしっかりしていて、雨にも負けず、風にも負けず。

   Ts331692

濃い緑の厚目の葉は、つやつやしている。

   Ts332338

咲き進んでふんわりしてきたこの頃が可愛らしい。

   Ts332290

昨秋は瀕死状態だったけど、ようやく持ち直してくれたみたいだ。

こんなに花をつけたのはひさしぶり。

|

マロウ咲く

マロウが咲いた。

ウインターコスモスの葉に埋もれるようにして。

   Ts333317

手前の大きな葉がマロウのものだ。

   Ts333318

とってもお気に入りのマロウ。

ローズピンクの花弁に赤紫の筋が入り、大人っぽく美しい花。

   Ts333404

一日花なんだけど、次々と花を咲かせていくから大丈夫。

   Ts333405

マロウと一口に言っても、背丈が高くなるのやらならないのやら、

葉の切れ込みが深いのやら浅いのやら色んな種類があるらしい。

これは背が高くて葉の切れ込みが浅いので、たぶん一番ありふれた

和名がゼニアオイ、学名Malva Sylvestris(マルバ シルベストリス)だろう。

春先に園芸店で買った苗にはマロウとあるだけだったの。

   Ts333418_2

何年も前種から育てたことがあって、数年はこぼれ種でも苗ができてた。

世話要らずで大きく育ち、シックで素敵な花をつけるので大好きだったのだが、

いつしか絶えてしまっていた。

また出会えて嬉しいな。

   

   

   Ts333420

クラリーセージのアップはこんな風。

地味な感じの色合いだけど、いい雰囲気。

見方によっては豪華?

   Ts333343

黄色い西洋おだまきがまだ咲いているのよ。

   Ts333386

横顔が変わってる。

火の鳥を連想しちゃうな。

   Ts333390

丈高く伸びてきたチェリーセージとメドウセージ。

   Ts333375

|

エヴリン

イングリッシュローズのエヴリン。

アプリコットオレンジイエローの素晴らしく豪華な花。

そしてとってもとっても素敵な香り。

ああこのエヴリンがこの花型、色、香りのままで、

こんなに大輪でなかったらいいのに。

   Ts331732_2

そう、私は中、小輪の薔薇が好きなの。

   Ts331734

でもエヴリンは特別に大輪だけど好き。

名前も素敵よね~   

   Ts332673 

剪定を工夫して沢山の枝を出させれば、

栄養も分散しもう少し小さな花になるかな?

|

クラリーセージ

クラリーセージの花が立ち上がって、一株でこんなになってる。

圧倒的存在感。

三株は植え過ぎだったかな?

   Ts333283

庭のアクセントにもってこいの植物だ。

毎年一株はぜひ植えたいと思う。

こぼれ種で苗ができますように。

   Ts333291

少し近付いて。

赤い花はルイ14世。

|

つる メヌエット

つる メヌエット (Cl.Minuette )

クリーミィホワイトに赤の縁取りが入る中輪の薔薇。

薔薇を育て始めた初期の頃、園芸店で写真の美しく可愛い花に惹かれてGet。

十年以上経ち、弱ってきたので心配だ。

深植えしてみたところ、なんとか一本だけ新しいシュートを出し花をつけた。

   

   Ts333250

赤の分量が多くてけばけばしい感じで咲く時もあるけど、

控えめに紅を帯びて、しとやかに咲いてくれた。

   Ts333247

アブチロンの側で。

   Ts333245

   Ts333244

   

   

   Ts333195

アブチロンも次々咲いてるけど、いつも俯いて恥ずかしげ。

   Ts333246

ちょっと失礼、お顔を撮らせてね。

   Ts333199

楚々としたべっぴんさんなのにもったいない。

|

セント・セシリア

今日はとっても暑くて蒸し蒸しする日だ。

梅雨入り間近のようだ。

ERのセント・セシリア。

しっかりした花、綺麗な淡いピンク色。

   Ts332667

作出者のデイビッド・オースチン氏はこの薔薇のことを、

「A Handbook of Roses]のなかでこう述べている。

「季節により花色が非常に薄い黄赤色から、ほぼ白にまで

変化しうる。並外れて優雅な美しいカップ咲きの花をつけ、

非常に満足できる庭園効果を与える。強いミルラの香り。」

   Ts332754

黄赤色ってどんな色?オレンジ?アプリ?

ミルラって何?

|

ワイルドイブ(ER)

イングリッシュローズのワイルドイブ。

旺盛にシュートを伸ばし生命力溢れる様子だから、ワイルドと名付けられたのかしら。

花はとっても可愛い中輪で、イブと呼ぶに相応しい綺麗な輝くピンク色。

   Ts332202_2

側には西洋おだまきが咲いて。

   Ts331818

下の方ではおだまきの葉に埋もれるようにして咲いている。

これはアプリがかったピンク色だ。

   Ts331814

以上は5月20日頃の様子。

今年初めて花に会えたけど、とっても気に入った。

可愛いイヴを大事に育てよう。

|

アブチロン咲く

フレアスカートを広げたようにふんわり咲いた。

   Ts333172

そういえば高校生の頃、こんなミニスカートを持ってた。

   Ts333171

|

可憐なアナベル

鉢で小さめに可憐に咲いたアナベル。

花径10㎝前後、このくらいなら許せるわ。

アナベルは去年みたいに大きな花をつけたかったかな?

ともかく私は大満足で、めでたしめでたし。

   Ts333135

明るい黄緑色の葉もとても綺麗。

   Ts333108

| | トラックバック (0)

ぷっくりアブチロン

ぷっくり蕾になってきた。

なんかちょうちんみたいでもある。

鮮やかな黄色の花びらが覗いてきた。

   Ts333153

上の方から見るとこんな風。

   Ts333159

|

バーベナ

雑草のように逞しく繁殖するバーベナ。

花壇ではなくかたい通路なのに、なんのその。

   Ts333134

左側の葉は西洋おだまき。

まだ花をつけているのよ。

   

   

   Ts332794

今日のクラリーセージはこんな風。

お辞儀でもしているように首を傾げているけれど、

これがだんだんとまっすぐ上に向かって伸びていくの。

   Ts333141

ローズマリーとパイナップルミント。

   Ts333143

   

|

黄色いアブチロン

利休梅の下でアブチロンの蕾が膨らんできた。

アブチロンには色んな色や花型があるけど、

私が育てているのは唯一好きな黄色。

花型は可愛らしいカップ型である。

   Ts333088

おとといはまだ尖った形をしていたけれど、

昨日はもうぷっくりと膨らんできた。

咲くのも間近だわ。

   Ts333125_2

|

レースのようなアナベル

西洋あじさいのアナベルって咲きかけの頃は、繊細なレースのようだ。

私はこの頃のアナベルが一番好き。

薔薇の葉の緑とスモークツリーの赤紫、

そしてアナベルの黄緑色ってそれぞれをよくひきたてている。

   Ts333059_2

去年までは地植えにしていたのだが、根を伸ばし放題

栄養取り放題だったためか、株も巨大になったし、

花もそれこそバスケットボールくらいの大きさで咲くようになった。

それがいやで鉢植えにして、肥料も与えず、

なんとか小さく可憐なアナベルを咲かせようとしているところ。

   Ts333078_2

この画像はレースの雰囲気がよくでていると思う。

アナベルという名もぴったり。

アナベルのいいところは新梢咲きのところだ。

年を越して剪定してもちゃんと花を咲かせるいい子。

|

ジャック・ブラウン?

ちょっと名前があやふやな薔薇。

ブラウンという部分は確かタグにあったように思う。

トム・ブラウンという薔薇もあるみたいだけど、

咲いた感じが違うみたいだし。

トム・ブラウンはもっと花びらの数が多いようだ。

   Ts331359

   

ジャック・ブラウンという薔薇もあるようだから、

それではジャック・ブラウンなのかもしれない。

   

   Ts331373

何色と表現したらいいのか、素敵な色で咲く。

一輪咲いただけでも、充分庭のアクセントになってくれる。

スーパーの店先に花が咲いた状態で売られていたのを

連れ帰ったのが3年くらい前。

ちょっとジュリアにも似てたし、無視できなかった。

他の人に渡したくなかった気持ちもある。

開き切ると綺麗なシベが見えて、いっそう魅力的。

    Ts333081

シベの数がとっても多い。

開いたらジュリアみたいよ。  

    

    Ts333082_2

|

実家の庭では

実家の庭では

この画像は5月の一番綺麗な頃の私の庭だ(自画自賛)。

ジギタリスが伸びて、側にはなんとかブラウンという薔薇。

コーネリアやラッセリアーナなども見える。

お昼頃、田舎の父と電話で話す。

以前私が送った2本の薔薇。

どちらも一季咲きのドクター・w・ヴァンフリートと黄モッコウ薔薇。

父と母がアーチを組んで、2本を絡ませて育てているのだ。

ドクターの方は10輪程咲いてもう終わり。

今は黄モッコウ薔薇が咲いているそうだ。

いつかこの時期に、帰省して写真が撮れたらいいな。

|

ポツリポツリと咲くバロン

ポツリポツリとまだ花を見せてくれているバロン・ジロー・ド・ラン。

この鮮烈な黒赤紫はこの薔薇ならではの色。

白い縁取りが素敵。

   Ts332805

まだ鉢植えのままだが、そろそろ庭に定植してやらなければと思う。

植え場所を決めるのが大変だわ。

   Ts332770

|

エスカペード咲く

ESCAPADE エスカペードって「いたずら」って意味なんだ。

女性の名前かと思っていた。

とってもフェミニンな花だから。

今年初めての開花。

昨秋植え替えてやらなかったから、栄養も足りてなかった筈なのに。

   Ts332891

シベの黄色がピンクの花弁に映えて美しい。

咲き進むとヒラヒラフワフワ状態になって、よりフェミニンになる。

一日経つともうこんな感じだ。

   

   Ts332937

黄色のシベはどこにいっちゃったのだろう?

   Ts333022

|

バフ・ビューティー

大好きな薔薇。

花容も大きさも色合いも、そして名前も。

ひっそりと地面近く株の下の方で、一輪花開いていた。

5月8日のこと。

   Ts331128

そしてだんだん上の方の花も咲いてきて。

5月20日にはこんな風になって。

   Ts332062

日陰にも負けず沢山の蕾をつけるみたい。

   

   Ts332251

離れて見るとかなりのブッシュになっているのがわかる。

   Ts331970

   

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »