« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

ピンクレダ

今年心に残る薔薇といえば、ピンク色のレダ。

白地にうっすらと赤い縁取りの入るレダを地植えににしていて、

かなり大株になっているのだが、その一枝がピンク一色の花を咲かせたの。

       Ts332193

ビッグニュースといえる出来事だったのに、なぜかブログにUPしていなかった。

たくさん写真を撮りすぎて、載せる写真を選びきらないうちに

次々ほかの薔薇が咲いたものだから、そのままになっていたのだろう。

5月のことで、携帯での撮影だからあまり綺麗に撮れなかったけど・・・

     Ts332132

調べてみたら、レダはもともとはピンク色で、

その枝変わりが今流通しているレダらしい。

枝変わりの方が美しさを認められたということなのね。

確かに白地のレダの方がボタンアイもくっきりしているし、

楚々として儚げで雰囲気があるみたい~☆

         Ts332207_3

でも、私はこのピンクのレダもとっても素敵だと思う。

もしかしたら、神様から私へのプレゼントかもしれないし♪

今年最後にこのピンクレダをUPしてあげることができて良かった☆

さすがに、年末年始はパソコンに向かう余裕はないだろう・・

良い年を迎えましょうネ ^^*

| | コメント (2)

嬉しい蕾

種から育てたパンジーにやっとやっと蕾が付いた。

葉っぱの陰に隠れるようにしていたから、

今まで気が付かなかったけど、色ももうわかるくらいになっていた。

   Pc270003

大好きなクリームホワイト・・・だと思う♪

   Pc270011

他のアプリコット、オレンジ、イエローなども早く蕾を付けますように。

冬はパンジーやアリッサムが薔薇の代わりに、楽しませてくれる。

   Pc270020

       Pc270032_2

   Pc270019  

| | コメント (0)

憧れのガーデン

冬は洋書の中の憧れのガーデンを眺めて、

ため息をつきながら過ごすことが多い私。

料理の本も、レース編みの本も、推理小説も、

図書館の本を借りて済ませている私だけれど

何度も何度も眺めて飽きない美しいガーデンの写真が

沢山載っている洋書は、購入するの。

       Pc260002

といっても海外で買ったわけじゃもちろんなくて、通販で買ったものだ。

もう何年も前に手に入れた洋書数冊は、私の宝物。

英文は読まず、素敵な写真を眺めるだけじゃ宝の持ち腐れかな?

   Pc260005

あ~なんて綺麗な庭だろう☆

こんな庭がつくりたいな~♪

   Pc260007

   Pc260016

   Pc260018

でも我が家には共感してくれる人は一人もいなくて

オットなんかは「ヘビが何十匹も出そう。」なんてことを言う。

| | コメント (0)

黒薔薇の色?

寒くなってからのルイ14世の蕾は、黒味がかった紫というより

むしろ紫がかった黒と言ってもいいような深い色をしている。

黒薔薇と呼ばれる薔薇ってこんな色をしているのかしら?と思う。

   Pc250017

敷いているのは、ワイルド・イヴの花びら

        Pc250077

フリルパンジーと一緒に・・・

| | コメント (2)

クリスマスリース

クリスマスイヴなので、オリーブの枝でリースを作って、

昔作ってしまい込んでいたオーナメントをくっつけた。

子供たち見覚えあるかな?

   Pc240036

      Pc240062

      Pc240055

      Pc240056

      Pc240059

私の大切なサン太クロース

それぞれ顔が違うのよ^^

   Pc240095

今日は朝から大忙しで、ケーキを焼いた。

スポンジには自信があるけど、デコレーションは苦手。

       Pc240093

喜んで美味しい♪と言って食べてくれる子が、まだ家にいる うちは

作り続けるでしょう☆

   Pc240007

上のは部屋で開いたコーネリア

| | コメント (4)

心に残る色

こんな色のワイルド・イヴは初めて♪

最後の花はバイオレットピンク色をしていて、とても印象的だった。

       Pc210014_2

       Pc230011

コサージュみたいな雰囲気がある。

       Pc230004_3

開いたパンジーはもちろん綺麗だけれど、

開く前の俯いているパンジーってとても可愛い☆

   Pc230045_2

   Pc230047

種から育てているパンジーも日々大きくなっていっているのだけど、

蕾はまだ見当たらない。

年内に蕾を一つでも見つけられたらいいんだけど・・・

| | コメント (2)

素直な薔薇

薔薇ってとても素直で、あまのじゃくでもへそまがりでもない。

自分の周りの空気が冷たければ開かないし、暖かければすぐに開く。

   Pc220024

昨日蕾だったコーネリアが今日はもうこんなに開いた。

      Pc220019

今日はちょっと遠くの大型商業施設まで出かけた。

とても可愛い雑貨ばかりならべてあるお店で、

内側に薔薇柄の布が張ってある籐の籠を買った。

私は籠が大好き♪

入れるものは買った後で考えるの~。

   Pc220047

| | コメント (2)

愛らしい蕾

明日は厳しい寒さになるというので、

色付きつつある薔薇の蕾を摘み取った。

ここのところ暖かい日が続いていたから、

やっとここまで膨らんできたんだけれど・・・

   Pc210008

ワイルド・イヴ、コーネリア、ブラッシュ・ノアゼット

       Pc210005 

どの蕾もなんて綺麗なピンク色をしているのだろう。

   Pc210010

| | コメント (2)

グリーンアイス

庭を見回しても、摘んで飾れる花もあんまりなくなってしまったけど、

今日はグリーンアイスとウインターコスモスを飾った。

   Pc200011

グリーンアイスの固い蕾はもう開かないかもしれない。

             Pc200025

今年は挿し木してグリーンアイスを沢山増やした。

挿し穂をHB101を垂らした水に浸けておいて、

すぐに挿せなくて3日目に見てみたら、

節のところからもう白い根が出ているのがあった。

こんなにもたやすく発根する薔薇だったとは・・・

名前も花も可愛いし、花もち抜群のグリーンアイス、大好き♪

| | コメント (0)

グレープヒアシンス

昔通販で買ったアルメニアカムという品種のムスカリが増えに増えて、

私の庭にはたぶん何百球という球根が埋もれているから、

もうムスカリを買うことなんて無いと思っていたのだけれど・・・

上の方が青紫で下半分が黒紫の花を咲かせるムスカリの写真が

あんまり可愛かったので、10球入りのをつい買ってしまった。

       Pc190016

ラティフォリュームという品種で、葉っぱが幅広だし、

あんまり増えないらしいから、ちょうど良かった。

ムスカリは別名グレープヒアシンス。

それを初めて知った時、なんてピッタリのネーミングだろうと思ったものだ。

    Pc190006

キャットミントはまだ花を付けている。

後ろに見えるのは、零れ種からの西洋おだまき。

    Pc190027

今日は暖かい日でお掃除日和でもあり、庭仕事日和でもあった。

お掃除もしたし、庭仕事もした。

| | コメント (2)

欲しかった色のビオラ

こんな色のビオラがずっと欲しかったんだけど、

今日いつものスーパーの店先でとうとう巡り会えた。

しかも1ポット58円のが48円に値下げされていたので、

ためらうことなくGetした。

2ポットしかなかったので、2ポットだけ。

   Pc180011

   Pc180009

   Pc180006

最近苗買い過ぎかしら?

でもポテトチップス一袋より安いんだから、まっいいか^^

    Pc180015

これはワイルド・イヴの蕾

   Pc180016

切り戻したアリッサムがこんなになってる。

ほんとに可愛いな~☆

| | コメント (0)

ルイ14世の蕾

ルイ14世の蕾の時が好き。

黒っぽい赤紫色を少し覗かせて、細長いがくに包まれている。

   Pc170013

ウインターコスモスはマロウの葉にもたれるようにして、

寄り集まって咲いている。

雪が降るようになっても咲いてくれるのかしら?

   Pc170005

菊って本当に長持ちするのね☆

固い蕾まで、ちゃんと開いてくれる。

        Pc170021

忘年会シーズンだけど、私のスケジュール帳に「忘年会」の三文字はない。

そもそもスケジュール帳というものを持ってないの^^

| | コメント (2)

今日の庭

ブルーベリーが鮮やかに紅葉している。

ちゃんと植え替えてやったから、来年は今年以上の実をつけてくれるだろう。

   Pc160017

種からのアリッサムはやっぱり白だった♪

最初に開いた一輪・・・とっても可愛い。

                  Pc1600011

毎日のようにUPしていたコーネリアだけど、

さすがに今日のコーネリアは久しぶりのUPになるみたい。

まだまだ綺麗でチャーミングだな~☆

   Pc160015

| | コメント (2)

ルリマツリがまだ咲いていた

日に日に寂しくなって行く私の庭に、

ひっそりと忘れられたように咲いているルリマツリがあった。

よくよく見れば、水色の花びらの中心に青紫の筋が入っている。

今までこんなにじっくりと眺めたことがなくて見過ごしていたのね。

薔薇ばかり気にしていたから・・・

   Pc150014

|

パンジーとレース

あと少しで完成する。

最終段になると、嬉しさと淋しさが半分半分だ。

パンジーもレースとお似合い?

        Pc140011 

   Pc140012

|

カモミール?

通路に生えている何だか見覚えのあるこの苗は、カモミールのような気がする。

5,6年前は庭のあちこちに零れ種からの苗が出来、

春には庭中カモミールだらけになっていたものだが、

次第に数が減り、この2,3年は全然姿を見かけなくなっていた。

昔零れた種が気まぐれに芽を出したのかもしれない。

たった一株だけだから、この苗は期待を一身に集めている。

   Pc1300121

前に撒いたおまけのミックス種の中に、アリッサムの種があったみたい。

ようやく小さな蕾がついた。

色はたぶん白。

白のアリッサムも欲しかったので、とても嬉しい。

   Pc1300021

これは今まで見たことのない苗だけど、いったい何だろう?

どんな花が咲くか楽しみだ。

   Pc130018

昨日摘んだ薔薇 とウインターコスモス

   Pc1200261

   

|

オールドブラッシュともお別れ

いつもとても綺麗なローズピンク色の花を付けるオールドブラッシュ

寒くなるにつれ色濃くなった。

良く咲く薔薇の筈なんだけど、私のオールドブラッシュはなかなか大きくならず

花付きも良くないのがちょっと残念。

時折通る道のそばの野菜畑の片隅に、大きな株のオールドブラッシュがあって

いつもいつも沢山の花を付けているのが羨ましい。

   Pc110040

   Pc110043 

   Pc120028

ボリゴナムはまだまだ元気

   Pc090059

数日前に撮った炉開き三輪とまん丸な二個の蕾

和菓子のようだ。

   Pc090070

今日は庭の呼ぶ声に耳を貸さず、レンジフードや換気扇の掃除をした。

サッサと済ませて、庭に出る筈だったのに

やり出すとテキトーに済ますという事の出来ない性格なもので

必死になって磨き上げ、終わったのは夕方近くだった。

ともあれ一つ課題をクリアしたので、いい気分♪

それも子供たちに、口先だけの人間と思われたくないから出来たこと。

ブログで「明日は必ず○○をするぞ~」と宣言するのはもうやめようかな~

|

ポツンと咲く薔薇

傷んでいるけど、綺麗な色で咲いてくれたセント・セシリア。

最後の一輪はセント・セシリアらしい雰囲気を強く漂わせていた。

   Pc110050

   Pc110047

コーネリアもポツンと一輪咲いていた。

   Pc110037

   Pc110060

   Pc110070

まだ固いコーネリアの蕾があるのだけれど、どうなるかなあ?

   Pc110063

可愛いスイートアリッサム

   Pc110074

今週いっぱいはあまり寒くない日が続くらしい。

お掃除日和でもあるし、庭仕事日和でもあるのがつらいところだ。

掃除より庭仕事の方がだんぜん楽しいんだけど。

そうも言ってられないくらい追い詰められてきたみたい。

とにかく明日は換気扇の掃除だけは、何があってもやってしまおう~☆

|

菊を飾って

朝方からお昼まで、わが家も庭も白いベールのような霧に包まれて、

神秘的でロマンティックな気分の味わえた日だった。

午後になって庭で花壇を掘り返しているとき、

お隣の方が庭の菊を切ってくださった。

菊も飾ってみるとなかなか綺麗だな~。

       Pc100016

   Pc100021 

   Pc100007

|

ミモザの蕾 その後

夏に付けた固くて青い蕾が、ゆっくりゆっくり時間をかけて

ようやくここまでふくらんできた。

   Pc090060

地植えにしていて大きく育った初代のミモザは突然枯れてしまった。

これは100円の見切り品コーナーにあった2代目のミモザなの。

大きくなり過ぎないよう、鉢で育てている。

   Pc090062

庭の薔薇を飾れるのもあと少し

これは、バロン・アンリエット・ド・スノイ

           Pc090018

|

外は雨

午後からずっと雨だった。

家の中にいても、雨の音が聞こえていた。

  Pc060040 

砂糖菓子のようなバロン・アンリエット・ド・スノイ

花びらの縁がクルンと反り返っていて、

いつも 綺麗な綺麗なピンク色をしている。

   Pc070004

来年また素敵な花を沢山つけてくれますように。

|

キャラメル色からベージュ色に

バタースコッチは咲き進んで褪色するとベージュ色になる。

それもグレーがかなり入っているようなくすんだ地味な色に。

こんな色の洋服が私の好みだが、薔薇の色としてはチョット寂しいかしら。

   Pc070034

どちらもバタースコッチで、右のほうがより咲き進んでいる。

   Pc070027_2

か弱そうな花なのに、外の寒さに耐えて咲いていたイヴォンヌ・ラビエ

   Pc070058

寒さに強いイメージのウインターコスモス

   Pc070048

ローズマリー

   Pc0700531 

   

|

桜色の粉粧楼

粉雪が舞い散るとても寒さの厳しい日に、

粉粧楼が優しい桜色で咲いた。

もう開かないかもしれないと、なかば諦めていたけど、

暖かい部屋の中では見る間に咲き進んだ。

       Pc050024 

   Pc050027 

       Pc060038

            Pc060029

蕾だったジャック・カルティエも、コーネリアもちゃんと開いて、

綺麗な色を見せてくれた。

   Pc060014

        Pc0600021

   

|

バタースコッチ

また冬に逆もどりして、とても寒い日だった。

強風の中で揺れていたバタースコッチ

部屋に入れるとすぐにふんわりとほどけ始めた。

        Pc050050

バフ・ビューティーの色にもう少し茶色を混ぜたような色、

キャラメルのような色をしている。

   Pc050043

昨日飾った薔薇

コーネリアの蕾が一つ開いていた。

   Pc050002

明日はもっと寒さが厳しくなるらしい。

負けずに頑張ろう~。

|

フリルパンジーの誘惑

フリフリのエレガントなパンジーに弱い私。

苗が花屋の店先に並ぶと、買わずにはいられない。

昨日買ったのはこんな色のを3ポット。

   Pc040003

今日はまた違う色のが並んでいて、目が釘づけに・・・

全部残らず買い占めたいくらいだったけど、やっぱり3ポットにした。

母親のお小遣いは、高校生の息子のそれより少ないのよ。

なんて素敵な色なんでしょう~♪

   Pc040012

        Pc040013_2

        

   Pc040031

そして、週末にはまた寒波が襲ってくるというので、

今咲いている薔薇をありったけ切り取った。

   Pc040040

        Pc040056

庭では炉開きが開きかけの可愛い蕾を付けていた。

   Pc040018

         

|

輝くような薔薇色

いつまでも見つめていたくなるような、輝くような薔薇色のジャック・カルティエ。

「また直ぐに春が来るから元気を出して!」と励ましてくれているようだ。

   Pc030019

        Pc030028

コーネリアは雨に濡れてしっとりとした雰囲気になっていた。

   Pc030036

   Pc030004

   Pc0300081

        Pc030015

|

相変わらずチャーミングなコーネリア

ポカポカ日和だったので、コーネリアが一気に咲き進んだ。

まだまだこんなに綺麗よと言っているみたい。

   Pc020014

   Pc020012

   Pc020016

これは今日仕上がったフリージアの模様のレース編み

   Pc020029

家事をそっちのけで、庭に何時間もいたり、

家に入ったかと思うと、レース編みに没頭したり、

勉強しないでゲームばかりしている子供と変わらないかも・・・

|

バター・スコッチ

かなり前から固い蕾を付けていたバタースコッチ。

12月に入り漸くキャラメル色を帯びてきた。

もうしばらく暖かい日が続けば開いてくれるだろう。

   Pc010034 

ほかの蕾たちも少しづつほころんでいっているようだ。

   Pc010011

            ワイルドイヴ

新しい洗濯機がわが家にやってきた。

役目を終えた古い洗濯機を見送る時、一抹の淋しさが心を過ぎった。

「かたちあるものは、いつかは壊れる」ものだし、

もう2回も修理して使い続けてきたんだから許してくれるよね。

ちゃんと記念写真を撮ったからね^^

そのことを心配してる子が一人いると思うので~☆

       Pc010052

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »