« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ウイリアム・シェイクスピア2000のドライ

小ぶりに咲いたウイリアム・シェイクスピア2000を部屋に吊しておいたら、

こんな色のドライになった。

        P9300090

小花のモチーフつなぎのレースは、つなぐのは楽しいけど、糸の始末が大変^^;

明日から10月・・・一日が終わるのも早いけど、一月経つのもあっという間だわ。

| | コメント (0)

咲き進んだエヴリン

今日のエヴリンはこんな姿になっていた。

        P9290149

        P9290155

ジョルジュ・ダンジャンの蕾

        P9290174

ローズ・ムーアにも蕾

        P9290264_2

ミニ紫苑の花

   P9290255

| | コメント (2)

エヴリンとラジオタイムス

今年はエヴリンの調子が悪くて、開花までこぎつける花が少なかった。

この花も、向こう側の花びらが虫に囓られていて、完璧じゃないけど、

咲いてくれただけで嬉しい。

やはりエヴリンはエヴリンだけある・・というか、圧倒的な存在感。

私の庭では数少ない大輪だからかな?

   P9280055

ラジオタイムスは朝には開ききっていて、綺麗な赤いシベを見せていた。

花びらは少なすぎるけど、すごくいい香りを漂わせていた。

香りが素晴らしいことで有名なエヴリンにも負けないくらいに・・・

        P9280532   

   

| | コメント (0)

開きかけの薔薇

この二つの蕾は明日にはたぶん開くだろうけど、

どんな姿を見せてくれるのかな?

         エヴリン

   P9270307

          ラジオタイムス

   P9270439

| | コメント (2)

ラジオタイムス

小ぶりなラジオタイムス 

        P9260182_2

待っていたエヴリンのほころびかけた蕾

        P9260189_2

摘んだ薔薇はラジオタイムスとグリーンアイス

        P9260255

| | コメント (0)

コーネリアと小さなドイリー

どんな薔薇が似合うだろうか?

編み上がる頃にはどの薔薇が咲いているだろうか?と思いながら、

ほんとに少しずつ編み進めて、やっと出来上がった小さなドイリー。

今一番元気で綺麗に咲いているコーネリアを添えてみた。

     P9250031

朝の庭のコーネリア

このオレンジがかったサーモンピンク色の時がとても好き。

     P9250553_2

     P9250555

     P9250559

シャルル・ド・ミルの葉と花とらのお

     P9250549

一日一目でも一段でも、編み進めればいつかは出来上がるレース編み。

間違うこともあるけれど、ほどいてそこから編み直せるのがいい。

レースを編みながら、薔薇や庭のことを想っている時がほんとに幸せ。

| | コメント (4)

シャリファ・アスマ

すごくいい香りのシャリファ・アスマ

一輪咲いただけでも辺りに香りが漂っていて、顔を近づけなくてもかぐことが出来る。

        P9240115

まだ蕾がいっぱいのコーネリア

   P9240124

グリーンアイス

   P9240137

なかなか思うように大きくならないブルースター

        P9240152

アブチロンとるりまつり

   P9240132

   

| | コメント (0)

少しだけ雨が降って

雨に濡れたコーネリア

   P9230007

   P9230008

   P9230011

軒下にあるからあまり濡れていないチャールズ・レニー・マッキントッシュ

        P9230052

赤味が強く出た細長いひらひらの花びらの紫燕飛舞

   P9230080

        

| | コメント (0)

ハート形の花びら

チャールズ・レニー・マッキントッシュの花びらは、ハート形をしていて、

このくらいの蕾の時から、それがわかる。

        P9220277

ウイリアム・シェイクスピア2000、すごく綺麗な赤紫色

        P9220191

エグランティーヌ

        P9220210

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー

        P9220239

ラブ・ミー・テンダー

   P9220250

サルビア アズレア

        P9220252

        

        

| | コメント (0)

マルチェサ・ボッチェラ

いつも可愛くて綺麗なマルチェサ・ボッチェラ。

   P9210010

今までジャック・カルチェとしてUPしてきたけど、

ジャック・カルチェという名で流通しているものでも、

コンパクトな株でかえり咲き性に優れるものは、

マルチェサ・ボッチェラという薔薇だということをk..さんに教えて貰った。

マルチェサという名前のほうがこの薔薇に相応しい気がする♪

   

   P9210096

一枝に沢山の花を付けたコーネリアは八重桜のような雰囲気だった。

   P9210098

   

   P9210107

      P9210094

赤いゼラニウム

   P9210039

   

| | コメント (2)

一日中でも居たい場所

市立図書館で本を借りた。

薔薇の本、レース編みの本、そして王由由さんの「ようこそ わたしのキッチンテーブルへ」という本。

王由由さんの本はどの本もとっても素敵だけど、今日借りたこの本は出来れば手に入れていつも身近に置いておきたいなと思わせるほどに素敵な本だった。

キッチンや料理がメインテーマなのに、さりげなく飾られた花の写真も沢山あって、どのページも、洋書のように美しい。

   P9200028

   P9200007

久しぶりの図書館は、あの独特のひんやりとしたどこか懐かしいような空気に満ちていた。

ほんの10分くらいしか本を選ぶ時間がなかったけど、本当は一日中でも居たい場所。

今日の庭の様子。

        P9200067

         ラブミーテンダー

        P9200063

         コーネリア

        P9200091

    ウイリアム・シェイクスピア2000

   P9200074

        

| | コメント (0)

るりまつり

まだまだ途切れることなく花をつけているルリマツリ。

アップで見ると違った美しさがあるみたい。

        P9190139

去年は寒くなっても咲いていた。

みかけによらず、強く逞しい花。

        

| | コメント (0)

チャールズ・レニー・マッキントッシュとマリーデルマー

心配事も何も無いような晴れ晴れとした表情のチャールズ・レニー・マッキントッシュ。

ライラックピンクの花びらがギッシリ詰まったカップ咲き。

        P9180025

マリーデルマーは俯いて、もの思いにふけっているような感じで咲いていた。

        P9180013

        P9180019

        P9180046

叔母から貰った八重のむくげ。

   P9180095

        P9180097

陽の光を求めてフェンスから乗り出して咲いていたピンクパンサーという名のサルビア

        P9180089

   

| | コメント (2)

秋色の薔薇

オレンジが滲んだコーラルピンクのコーネリアは久しぶり。

朝晩涼しくなって、薔薇の色も深まってきたみたいだ。

朝にはまだウエーブした花びらがシベを隠している。

        P9180059 

        P9180061

        P9180065

そして、お昼近くなると、全然違う顔になる。

蕾だけはちっとも変化がないけれど・・

        P9180119

バフビューティーもオレンジ色が濃くなっている。

   P9180034

こぼれ種のパンジー(ビオラかも・・)

        P9180066

こぼれ種のトレニア

        P9180031 

        

| | コメント (0)

アイスバーグとグリーンアイス

しべが黒ずみかけたアイスバーグも、今日はなぜか心惹かれた。

        P9170158 

        P9170160

挿し木のグリーンアイス、まだまだ小さい苗なのにちゃんと花をつけていた。

   P9170010

        P9170185

    

    

| | コメント (2)

朝露

早朝の庭は空気が今までになくひんやりと冷たくて、季節の移ろいを感じた。

この紫燕飛舞は散り際の花だけど、花びらが朝露に濡れて美しかった。

        P91600501

        P91600121

        P9160003_2

開きかけのエスカペードもしっとりとした雰囲気だった。

   P9160018

        三時間もするともうこんなに開いて・・・

        P9160138 

やっと咲いてくれたコバノランタナ

        P91601751

| | コメント (4)

パンジーのミニブーケ

こぼれ種からのパンジーが次々花をつけているのだけれど、

カットする方が株のためにもいいのだろうと思い、全部摘んでしまった。

        P9150175

ダールベルグデージーと一緒にミニブーケにしてみた。

          P9160150

薄紫の縁取りのあるパンジーの花びらの陰から顔を出しているダールベルグデージーがあんまり可愛かったので、今日(16日)、追加のUPをすることに。

この写真はお気に入り♪

| | コメント (2)

庭の様子

ルイ14世はまだ一重の薔薇の様だけど、花びらはベルベットの質感を取り戻してきた。

   P9140105

        P9140065

朝霧草とホスタ。

朝霧草に蕾がついているけど、どんな花が咲くのか楽しみ♪

   P9140058

チェリーセージとサルビアコッキネア・コーラルニンフ

        P9140085

るりまつりと斑入り葉のあじさい

        P9140056

薔薇を摘んで

        P9140223

        真ん中の淡いピンクの薔薇はノワゼットシンデレラ

        P9140231

        

| | コメント (2)

紫燕飛舞と花とらのお

紫燕飛舞はいつも変わらず、鮮やかな紫がかった濃いピンク色で咲く。

花びらの数も暑い夏でも少なくなることがない。

        P9130138

花とらのおと紫燕飛舞

   P9130239 

| | コメント (2)

久しぶりの雨

少しだけど、久しぶりに雨が降った。

そのせいか、今日はとても過ごしやすかった。

庭の薔薇たちも、雨に濡れた姿が綺麗だった。

          ジョルジュ ダンジャン

   P9120043 

        P9120212

          ローズ・ムーア

        P9120026

        P9120233_2

          コーネリアの蕾

        P9120223

          紫燕飛舞

        P9120232

ゼラニュームを摘んで

        P9120181

        

| | コメント (2)

薔薇だけよりも

そばにほかののお花が咲いている方が、なんだか薔薇も嬉しそう。

        P9110139

         小ぶりな紫燕飛舞とメドーセージ

   P9110192

         粉粧楼とブルーサルビア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョルジュダンジャンを迎えて

昨日の朝、電話の向こうから、「薔薇要りませんか~?」とOさん。

「い、要ります~♪」と私。

まるで家庭菜園で収穫した野菜のお裾分けの話でもしているかの様なやりとりのあと、

私の庭にギョー社の薔薇、ジョルジュ ダンジャンが仲間入りした。

   P9110150

   P9100102

        P9100089

        P9100103

        P9110136

        P9110170

        P9110118

   P9110116

   P9100084

咲き進むどの段階もとっても美しい。

香りもとっても素敵。

この薔薇のどこがOさんの好みに合わなかったのだろう?

Oさんは、本当に気に入った薔薇だけを庭に置きたいタイプ。

私は、薔薇なら何でもと言う訳じゃないけど、少しがっかりする点があっても、

育てているうちにあばたもえくぼに思えてくるタイプ。

今までにOさんから譲り受けた薔薇はかなりの数になる。

        

   

| | コメント (0)

こぼれ種のパンジー

植え替えてやらなきゃやらなきゃと思いながら、あまりに暑い日が続くものだから、

一日延ばしにしていたら、とうとう花が咲いてしまったこぼれ種からのパンジー。

   P9100126

ルイ14世の蕾って写真写りがとってもいいと思う。

          P9100029_2

コーネリアはいつも可愛い。

        P9100010

挿し木のヘリテージ、2輪目

        P9100004

| | コメント (2)

庭の薔薇

   小さいけれど沢山の花をつけた粉粧楼

   P90900711

   P9090070

   P9090127

   花びらが少なくて別の薔薇のようなスイートジュリエット

   P9090081

   P9090122

   マリーデルマー

        P9090145

   ストロベリーアイス

        P9090109

   

| | コメント (4)

庭の薔薇を摘んで

庭でまばらに咲いている薔薇たちも、こうして集めるとにぎやか♪

   P9090023   

   P9090048

| | コメント (0)

蕾の想い

色付いて膨らんできた蕾には、きっと薔薇の想いがいっぱい詰まっているのね。

        コーネリア

   P9070065

        スイート・ジュリエット

   P9080183

   P9080090_2

        マリーデルマー

        P9080148

        P9080120

        ローズ・ムーア

   P9080161

   P9080026

        ルイ14世

   P9080194

        ストロベリーアイス

   P9080074

そんなことあるわけないだろ~とは言いっこなしよ^^

| | コメント (0)

好きな花

バーベナには色々な色があるけど、この赤紫色のバーベナが大好き。

今、庭にあるのがこの子だけっていうのもその理由だけど・・・

何年も何年も庭にいて庭仕事をする私を見守り、手も掛からず、

丈夫で良く増えて、しかもこんなに可愛い花を付けてくれる。

白やアプリコット色のバーベナも気になっているけど、

たとえそれらを迎えたとしても、このバーベナは一番のお気に入りであり続けるでしょう。

   P9070080

このゼラニウムもお気に入り

挿し木して着いたばかりのちいさな苗なのに、よく蕾を付ける。

早く大株になりますように・・・

   P9070073

昨日のグリーンアイスの今日の様子

少し平べったい感じになったけど、まだピンク色をとどめている。

        P9070082

   

| | コメント (4)

散り際の花、咲き始めの花

こんな風に散り際の花と、咲き始めの花が並んでいるのを見ると、

つい人生について考えてしまう。

もう決して後戻りは出来ないのだから、今を精一杯、生きなくては・・などと。

      ローズ・ムーア

   P9060008

         グリーンアイス

        P9060018

このジャック・カルチェは今が青春・・かな?

クシュクシュッとウエーブした花びらが素敵な薔薇。

なんて綺麗なピンク色なんだろう。

   P9060006

| | コメント (2)

ブルーサルビアのそばで

スイート・ジュリエットが咲いた。

そばにあるのはブルーサルビア。

        P9050043

そんなに花びらが多いわけでもなく、優雅という雰囲気もないけれど、

香りが素晴らしいジュリエット。

コロンとした蕾の時からアプリコット色のこの薔薇が大好き。

   P9050065

ローズ・ムーアはいつもふわふわした感じに咲く

        P9050004

アスターにこんな色の花がついた。

   P9050087

去年三男から貰ったガザニアは今年も元気。

        P9050072 

| | コメント (2)

薔薇色々

P90400951 P9040074 P9040012 P9040006 P9040071 P9040001_6

蕾はスイート・ジュリエット、白い薔薇はイヴォンヌ・ラビエ、そしてコーネリア、

下の二枚の画像はジャック・カルチェ。    

   

   

| | コメント (0)

ワイルドイヴ

今日一輪だけ咲いていたワイルドイヴは、しべを見せて微笑んでいるように思えた。

        P9030040

これは粉粧楼

   P9030021

そして、スイートジュリエットのアプリコット色の蕾

明日はどんなになるだろう?

   P9030033

| | コメント (4)

開きかけのローズ・ムーア

開き始めた時からもう、クシュクシュッとした感じのするローズムーア

   P9020004

   P9020014

花トラノオが咲き始めたのが、とっても嬉しい。

        P9020023

| | コメント (2)

レースのローズブレード

薔薇の模様が、一段一段編むごとにはっきりと浮き上がってくるのが嬉しい。

最初はカフェカーテンの裾に付けようかと思っていたんだけど、

だんだんと迷ってきて、今はまだ何にするか未定。

ここでやめようと思えばやめられるし、もっと編み続けようと思えば

いくらでも長くできるのがブレードのいいところ。

        P9010005

薔薇はウイリアム・シェイクスピア2000

        P9010011

やっぱりにゃんがやって来て邪魔をする^^;

   P9010017

   

| | コメント (7)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »