« よく咲くヘルモサ | トップページ | 蕾を摘んで »

12月のミモザの蕾

ミモザの蕾にほんのり黄色が浮かんでいる。

あと3ヶ月したらまたフワフワのレモンイエローの花が咲く。

   Pc210175

コーネリアの最後の蕾

        Pc210162

こんな色のパンジーは去年は無かったのに、零れ種からの苗って面白い。

        Pc210142

|

« よく咲くヘルモサ | トップページ | 蕾を摘んで »

ウイリアム・シェイクスピア2000」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コーネリア」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

亜麻さん こんにちは!

ヘルモサ 秋に新苗で迎えられてこの花付きですか!

私の庭のバラたちは 寂しくなってしまったので
こちらで 楽しませて頂きますね^^

ミモザはもう蕾をつけるのですね。

鬼太郎ロードで有名な 境港市というところの
街路樹に なぜか ミモザがぎっしり植樹されています。ん~でもあれは植樹なのかな?
ミモザってこぼれ種でも芽を出すものなんでしょうか?とにかく ぎょっとするくら黄色い物体がある!と思ったらミモザでした。

コーネリアも最後となりましたか。
亜麻さんのお庭もそろそろお休みに準備でしょうか?^^

投稿: 三日月 | 2009年12月22日 (火) 11時54分

こんにちは~亜麻さん
 今日は、寒気が少しゆるみ、太陽がチョットだけ顔見せてくれました(^0^)
この前からの雪で気持ちもダウン気味 いつも亜麻さんのバラ達を見ては気持ちを明るく、気分転換、元気パワーをもらってましたよ!☆
 コーネリア最後の蕾、”最後”だと思うと寂しいです が、こんなに寒い冬の中でもミモザは春に向けて頑張って咲く準備してるのですね 黄色のフワフワが広がって暖かな春を運んで来る日が楽しみですね~
 「ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅」の本 写真家の出された本ということで、さぞかし、ステキな写真が沢山出てそうですね(^^) ヨーロッパで薔薇を愛し、薔薇に関わった7人の人達のことが書かれてると言うことで、ヨーロッパの薔薇のルーツがわかりそうですね 私には、難しそうですが・・・(**)
 亜麻さんお気に入りの本、近くの書店で探してみましたが見当たらず、色々立ち読みし、「ガーデン&ガーデン 冬号」を買ってきました(笑)
●{4人の方のノスタルジックガーデンの紹介}●{バラ界のトップ3大野耕生・有島薫・小山内健トーク}●{人気ガーデナー&バラ専門家が勧めるバラ28種}が出てます 28種の中に、亜麻さんお持ちの[あおい]が出てましたよ!


 

 

投稿: 貴香 | 2009年12月22日 (火) 13時52分

三日月さん こんばんは☆

ヘルモサ、バラの家さんから10月初旬に蕾つきで届いたんですけど、
それから今日まで絶え間なく蕾を付け続けています!
こんなに良く咲く薔薇は初めてで、驚いています。
まだ苗自体はか細く、枝数も少ないのです。
こんもりとした茂みになったら素敵なんですけどネ^^

ミモザはとっても忍耐強いんですよ!
8月に青くて固い小さな蕾を付け、それから半年以上も蕾のままで過ごすんですから・・・
境港市のミモザぎっしりの街路樹、満開時にはインパクトあるでしょうね~
黄色の洪水みたいで、ぎょっとするのもわかります~笑
うちのミモザから種がこぼれて苗が出来たことはまだ無いんですけど、
ニュージーランドあたりでは、こぼれ種でやたらと実生が出てきて困っているらしいですよ^^;

コーネリアも良く咲いてくれましたが、そろそろ休養をとりたがっているようです^^

投稿: 亜麻 | 2009年12月22日 (火) 22時59分

貴香さん こんばんは☆
こちらも 今日は風もなく、穏やかな一日でした。
ずっと厳しい寒さが続いていたから、少しの日射しも嬉しいですね^^
私の薔薇たちが、貴香さんをちょっとでも元気づけることができたのなら、
こんな嬉しいことありません♪
ミモザ・・大好きなお花なんですヨ^^
私に春を告げてくれるお花です。
咲くのが待ち遠しいな~^^

「ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅」の本そんなに難しくないですよ^^
私でも楽しんで読むことが出来ましたから~ 
今年の3月頃に出版されたらしいのですが、
今まで書店で見かけたことはありませんでした。
楽天ブックスやアマゾンでも買えるようです♪
「ガーデン&ガーデン 冬号」、私も今度本屋さんで見てみますね。
「あおい」が出てたなんて、嬉しいです!

投稿: 亜麻 | 2009年12月22日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よく咲くヘルモサ | トップページ | 蕾を摘んで »