« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

公園の薔薇 その2

P5300246

P5300243

P5300250

P5300232                    名札の無かった薔薇

P5300300                         オフェーリア

P5300115

P5300117                           ジュリア

P5300311                       シャリファ・アスマ

P5300319

P5300313

P5300324                       セント・セシリア

P5300127

P5300128                   クラウン・プリンセス・マルガリータ

P5300099

P5300104                       スイート・ジュリエット

| | コメント (2)

公園の薔薇 その1

P5300336                       グラミス・キャッスル

P5300141

P5300130                          グレイス

P5300168

P5300171                    ダム・ドゥ・シュノンソー

P5300152 

P5300148                    スピリット・オブ・フリーダム

P5300154

P5300155                           紫雲

P5300277                      ピンクシフォン

| | コメント (2)

名札の無い薔薇と台木の薔薇  

一年ぶりに公園のアルシディック・ジョセフに会いに行った。

そうしたら、去年には出会えなかった光景が目に飛び込んできて、釘付けに。

名札の無くなった薔薇と、台木の薔薇とのうっとりするようなコラボ。

P5300202

P5300203

このピンクの薔薇は去年もあったはずなのに、ちっとも印象に残っていない。

去年行ったのは一週間早かったから、まだ蕾だったのかな?

咲いていたら、こんなにオールドローズの雰囲気漂う薔薇のそばを

素通りするはずないんだけれどなあ~

P5300214

P5300218

P5300206

P5300220

アルシディック・ジョセフも変わらぬ魅力的な姿で待っていてくれた。

P5300184

P5300182

P5300187

こんな赤い薔薇もとっても素敵に見えた。

P5300162

ローズガーデンは、同じ所に繰り返し行っても、その都度幸せを感じる私。

国際薔薇とガーデニングショウや花フェスタ記念公園、バラクライングリッシュガーデンなどに行くことができたら、幸せ過ぎて天にも昇る気持ちになるかもしれないな。

でも、夢は本場のイングリッシュガーデン巡りなの^^

いつか実現しますように・・・

| | コメント (2)

遅咲きのドクター・W・ヴァンフリート

やっと咲き始めたドクター・W・ヴァンフリート

今年は不調であまり綺麗に咲いてくれないのが悲しい。

P5290239

P5290237

この薔薇が咲くといつも幼稚園の送り迎えをしていた頃のことを想い出す。

あの頃は私も、今よりはずっと若かったな~

P5290234

今日ヒアシンスの球根を掘りあげてみたら、ちゃんと三球ほど新しい球根が出来ていてしかも小さな赤ちゃん球根までついていた♪

P5290196

グリーンアイス

P5290186

アップルゼラニュームの葉っぱは、林檎の香りがする。

P5290132

アルベルティーヌ

P5290100

P52901011

| | コメント (0)

一季咲きの薔薇たち

この時期はどうしても一季咲きの薔薇ばかり気になってしまって、撮るのは同じ薔薇ばかり。

中でも、一季咲きでニューフェイスのアルベルティーヌは特別扱いされている。

                  アルベルティーヌ

P5280117 

                     レダ

P5280086

P5280089

P5270036_2

                        ラッセリアーナ

P5280101

| | コメント (0)

ピンクパール

ピンクパールという薔薇があることを知り、半年前に新苗で迎えた。

こんな素敵な名前がつけられた薔薇なら、きっと綺麗な可愛い薔薇だろうと思って・・・

綺麗な色で可愛く咲いた私の庭の宝石・・・ピンクパール

P5280130

取り扱いナーサリーさんの説明によると、もっと花びらギュウギュウに咲くらしいので、

これはまだ本来の花ではないのかもしれないけれど・・・

| | コメント (0)

ヘリテージの可愛い蕾

ヘリテージの蕾ってほんとうに可愛い♪

P5270003

P5270006

これはカフェの蕾・・どうしてこんなに淡い色なの?

P5270011

コマンダン・ボールペールの最後の一輪

P5270040

マサコ・エグランティーヌ

P5270066

そして、今日のアルベルティーヌ

P5270024

P5270017

P5270015

| | コメント (0)

桜うつぎ

このマギシエンという空木は桜うつぎとも呼ばれているそうだ。

桜の雰囲気を漂わせて、今満開。

P5260042

P5260036

レダを摘んで

P5260013

| | コメント (0)

まだ咲いているレダとラッセリアーナ

レダは、まばらに咲くようになって、一輪一輪が小ぶりになってきたけれど、

株を覆うばかりに咲いていた時にはない愛らしさを見せている。

P5260071

P5260067_2

P5260103

ラッセリアーナとも、もうお別れね。

P5260078

P5260099

P5260103

今日のアルベルティーヌはこの蕾が可愛かった。

P5260121

そして、ハートの形に見えた花びら

P52601181

| | コメント (2)

林檎の香りのする薔薇

林檎の香りのする一季咲きのこの薔薇は、もしかしたらフランソワ・ジュランビル?

P5240194 

P5240273 

アルベルティーヌもフルーティーないい香りがする。

P5250062

P5250063

P5250058

P5250060

P5250054

フランシス・デュブルイも素晴らしい香りを持っている。

香り高い薔薇って、やっぱりいいな~

P5250100

| | コメント (2)

庭の白い花

ノワゼット・シンデレラ

P5250011

P5250006_3

P5240110_3  グリーンアイス

P5240212

とっても背の高いバーバスカム

P5240228

あじさい、白扇

P5240211

| | コメント (0)

憧れの薔薇 アルベルティーヌ

ずっと憧れていたアルベルティーヌが咲いてくれた。

もう嬉しくて嬉しくて、刻々と咲き進む様を飽かず眺めていた。

P5240064

P52401741

P52401641_2 

P5240189

P5240238

P5240253

P5240266

P5240319 

| | コメント (2)

雨の日曜日

庭の薔薇たち

P52301071                            Oさん宅からお嫁に来たジュビリーセレブレーション

P5230144_2                       ローズ・ムーア

P5230062                     ノワゼット・シンデレラ

P5230054

                     スイート・ジュリエット

P5230049                     クリストファー・マーロウ

P5230064_2                    コマンダン・ボールペール

| | コメント (4)

雨の中のシャルル・ド・ミル

私のシャルル・ド・ミルはマギシエンといううつぎの傍に植えている。

開花の時期が同じ頃なので、お似合いかなと思って。

P5230025

P5230026

P5230156

P5230160

降り続いている雨のために、横に倒れ込むようにして咲いている。

P5230163

鉢で育てていた時は肥料がたっぷりだったせいか、とても大きな花が咲いたんだけど

地植えにしてからは中輪になった。

私はこの位の大きさが好きなので、良かったと思っている。

| | コメント (0)

サーモンピンクのアルベルティーヌの蕾

一輪でもいいから咲いて欲しいと、ハラハラドキドキしながら見守っていたアルベルティーヌ。

私の心配をよそに、沢山の蕾が色づいてきた。

P5220165

こんなに鮮やかなサーモンピンク色をしていて、内側は薄いピンク。

咲いたらどんな感じになるのか、ワクワクドキドキ♪

P5220163

レディー・エマ・ハミルトン

P5220190

一日経ったデンティー・ベス

P5220151

あおい

P5220196

| | コメント (2)

シャルル・ド・ミル

シャルル・ド・ミルの色と開きかけの姿が好き。

何よりも、ターシャも育てていた薔薇だと思うと嬉しくなる。

一季咲きのオールドローズで、紫玉とおなじガリカローズに分類されている。

P5220142

去年は、そばのクラリーセージが巨大になって日照不足だったせいか

咲いてくれなかったから、二年ぶりの対面。

P5220145

開き切ると、こんなに真ん丸。

P5220143

ターシャはこの薔薇のそばにどんな花を植えていたのかな?

| | コメント (0)

シベの綺麗なデンティー・ベスとアイスバーグ

朝は蕾だったのに、数時間のうちに開いてしまったデンティー・ベス。

赤紫の長いシベがとってもこの薔薇に似合っている。   

P5210170

P52102151 

アイスバーグのシベは金色

P5210063

P5210065

P5210081

ヘリテージ

P5210160

| | コメント (2)

雨上がりの庭

P5200122                      レディ・エマ・ハミルトン

P5200025                     あおいの向こうがエマ

P5200050                      バフ・ビューティー

P5200097                     アイスバーグ

P5200083                    スイート・ジュリエット

P5200142

P5200136                    コマンダン・ボールペール

| | コメント (2)

二年ぶりのファンタン・ラトゥール

ファンタン・ラトゥールってなんて美しい薔薇なのかしら・・・

P5200013

他の枝についた蕾は全部落ちて、残ったのはこの枝だけ・・

咲いてくれて本当に良かった。

P5200104

P5200020

P5200089

祖父の薔薇も咲き始めた。

P5200061

私は一季咲きの薔薇に逢える幸せな季節を満喫している。

| | コメント (0)

BISES(ビズ)を買わずに

以前は定期購読していたガーデニング雑誌BISE(ビズ)

いつからか、書店で手に取って内容を確かめて気に入った号だけ買うようになった。

5月の薔薇特集号だけは、毎年必ず買っていたのだけれど、

今年はBISESを買わずに、そばに並べてあったこの本を買った。

BISESも素敵な内容だったけど、こちらの方がより気に入ったから・・

P5190018

今日のあおいは、こんなに咲いてくれていいの?と心配になるくらい房になって咲いていた。

P51901501

| | コメント (4)

バフ・ビューティーとフェリシア

数え切れないくらいついた蕾のほとんどが、バラゾウムシにだめにされたバフビューティー。

被害をまぬがれた貴重な蕾が、やっと綺麗な花を見せてくれた。

P5180006

P5180007

フエリシアも一輪、優しい色で咲いた。

P5180051 

大人っぽい雰囲気のコマンダン・ボールペール

P5180124

あおいP5180146

レダ

P51800751

ノワゼット・シンデレラ、赤い色を浮かべた蕾が可愛い。

P5180137

アイスバーグの蕾、長いこと育てているけどこんなに房になったのは初めて。

P5180148

紫燕飛舞

P5180250

たくさん咲いてきたオキザリス

P5180213

| | コメント (4)

一枝でブーケのように咲くあおい

ほんとうに一枝でブーケが出来そう。

蕾の色が濃くて素敵。

P51701701

P5170169

P5170167

| | コメント (0)

真珠色の薔薇

パールホワイトのノワゼット・シンデレラが咲き出すと、幸せな気分になる。

春のノワゼット・シンデレラは巻きが多くてとても長持ちするから好き。

P5160267

P5160277

P5160272

花びらクシュクシュのレダ。

P5150069

薔薇色々

P5150151

| | コメント (2)

スイート・ジュリエットとコーネリア

スイート・ジュリエットもコーネリアも随分前から庭にいる。

どちらも、私の庭になくてはならない大切なお気に入りの薔薇。

             スイート・ジュリエット

P5160244

P5160243

P5160241

P5160225

P51602281

             コーネリア

P5150198

P5160218

P5150034

P5160220

P5160219

P5150189

P5160309

 

| | コメント (0)

コマンダン・ボールペール

大人っぽくてあでやかな雰囲気のコマンダン・ボールペール

P5150086

P5140001_2

P5140124

咲き始めの頃

P5130048 

この薔薇はもう何年も前、清水佳子さんの「イギリス生活花日記」という本で見て、

憧れて迎えた薔薇。

この本は綺麗な写真ばかりで、時々取り出してはうっとりと眺めている。

P5140165_2

P5140170

裏表紙にもコマンダン・ボールペールを使った美しいアレンジの写真

P5140177 

なかなか私の庭では、清水さんが育てられたような美しい花は咲いてくれないけれど・・・

| | コメント (0)

ローズバスケット

フェンス越しに見るスイートジュリエット

P5140007

ヘルモサ

P5140024

レダの蕾

P5140028

好きな色のガーベラ

P5140018

伸びてきたバーバスカム、花はまだ・・・

P5140034

ローズバスケット

P5140138_3

P51401561 

| | コメント (6)

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの枝変わり

この季節に逢えるのがとても楽しみな薔薇、枝変わりのヴァリエガータ・ディ・ボローニャ。

花の形と香りが同じで、赤紫の花弁にほんの少し白い色を浮かべている。 

P5130022

P5130171

どうしたことか、年々赤紫の花の数が増えて、本来の白地のボローニャは

あまり咲かなくなった。

今年は果たして咲いてくれるのかどうか、それらしい蕾はまだ見当たらない。

こうなってくると、白地のボローニャが恋しくて、恋しくてたまらない。

P5130149

アルシディック・ジョセフの元気な枝

P5130162

少し花びらの少なそうな花だけど、綺麗な色をしている。

P5130065

紅色の紫燕飛舞の蕾

P5130084

これは、いつもの紫燕飛舞のような、ちょっとピンクが強いような・・・???

P5130094

P5130092

スイート・ジュリエット

P5130008

ベロニカ・ブルーフォンティン

P5130189

色々咲き出してUPが追いつかず嬉しい悲鳴の今日この頃。

| | コメント (2)

今日の庭

スイート・ジュリエット

P5120131

P5120122

P5120117

エグランティーヌ(マサコ)

P5120110

P5120112

コーネリア

P5120105

P5120104

クリストファー・マーロウ

P5120128

P5120096

ラッセリアーナ

P5120126

マダム・ピエール・オジェ

P5120153

紫燕飛舞

P5120137

| | コメント (2)

見せて貰った薔薇と譲り受けた薔薇

昨日のことだけど、「見て見て!可愛いでしょう?」と、Oさんが届けてくれたペルル・ドール。

薔薇の本で見たことはあったけど、実際に見たのは初めてだった。

本当に、なんて可愛い薔薇なんだろう~

P5110025

P5110023

そして、「この薔薇、イマイチ好きじゃないから良かったら差し上げます^^」と言って見せられたのは、なんとなんとフランシス・デュブルイだった。

P5110043

P5110062

香りがとっても良いし、蕾の色が黒っぽくて素敵。

P51100531

「い、いいんですか~?もちろん要ります!」と私。

私の庭に、Oさんから譲り受けた薔薇がまた一つ仲間入りした。

| | コメント (0)

可愛い紫玉

紫玉って、本当にこの薔薇にぴったりの名前ね^^

良く伸びるしなやかな枝に素敵な色の小さな可愛い花が沢山ついた。

P5110094

P5110106

午後になると雨も乾いて、陽の光を浴びて嬉しそうに咲いていた。

P5110081

ピンク色の紫燕飛舞も午後には開いてきた。

茎を辿って確かめたけど、確かに紫燕飛舞に間違いないの。

時々庭は私に嬉しいプレゼントをくれる。

P5110150

P5110129

| | コメント (2)

庭に咲く花

ラッセリアーナのそばのデルフィニューム

P5110101

もう終わりかけのセリンセとピンクの西洋おだまき

P5110006

ニコチアナ

P5110110

ガーベラ

P5110118

挿し木用にOさんに頂いた終わりかけの白もっこう薔薇

P5110146

| | コメント (0)

雨上がりの庭の薔薇

このところ地植えの薔薇が元気がなかったから、たっぷりと雨が降ってくれて良かった。

コーネリアは通路を塞ぐように、重くなった枝をしならせている。

P5110044

P5110048

マサコ・エグランティーヌ

P5110055

P5110031

P5110018

P5110024

シスターエリザベス

P5110012

マダム・ピエール・オジェ

P5110113

ヘルモサ

P5110115

初めて見るピンク色の紫燕飛舞の蕾

P5110117

挿し木のグリーンアイス

P5110131

アイスバーグ

P5110124

みんなみんなとっても綺麗♪

| | コメント (2)

クリストファー・マーロウ

雨降りの今日、クリストファー・マーロウが咲いた。

Oさんから貰った一枝を挿し木したものが、やっとここまで育ってくれた。

私の庭の他の薔薇にはない独特の花色が新鮮に思える。

P51000371

P5100029

P5100038

| | コメント (0)

ラッセリアーナ

道に面したフェンス越しに一季咲きのラッセリアーナが顔を覗かせていた。

P5090054

咲き進むとポンポン咲きになるけれど、この位の咲き加減の時が一番好き。

初めからシベが見えてて、中心がクリムゾンパープルで外側がピンク色の額縁。

P5090027

P5090055

P5090066

シスターエリザベス

P5090048

| | コメント (2)

エグランティーヌ(マサコ)

とても香りが良く、気品と愛らしさを合わせ持っているエグランティーヌは、

わが家では数少ない大輪の薔薇。

一輪咲いただけでもとっても目立っている。

P5090072

P5090070

P5090025

P5090073

スイート・ジュリエットの蕾も膨らんできた。

P5090059

P5090060

昨日のピンクがかっていたエリザ・ボエルが今日は白くなっていた。

シベが覗いて可愛らしい。

P5090006 

| | コメント (0)

マダム・ピエール・オジェとエリザ・ボエル

マダム・ピエール・オジェが咲いた。何年ぶりかで見る美しい花。

P5080076

P5080080

エリザ・ボエルも咲いた。

沢山の蕾があがっているけど、ひどいうどん粉病に罹っている。

P5080004

| | コメント (2)

俯くシスターエリザベス

蕾がとっても小さくて、花も大きくはないのに、

茎が細いからかいつも俯いて咲くシスターエリザベス。

開きかけの姿がとってもチャーミングだった。

P5080046

P5080057

P5080059

セラスチウムの中から、零れ種からの西洋おだまきやボリジが育ち花をつけている。

P5080024

咲き進んだ薔薇を摘んで

P5080037

P5080047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レダが咲いていた

レダの膨らんできた蕾を撮ろうと茂みの向こう側にに回ってみたら、

もう咲いているのが一輪あってびっくり。

P5070075 

P50700661

P5070063

ピンク色の濃い蕾がそばにあって、この蕾を撮るために、株を一回りして行って良かった。

P5070073

この蕾は枝変わりのピンクレダに違いない。

今年も咲いてくれるのね。

P5070076

| | コメント (0)

ルイーズ・オディエ

今年は美しい花を見せてくれそうなルイーズ・オディエ。

kabumiさん 見てくれてるかな?

P5070042

P5070043

水色のデルフィニュームは先日の強風で、上の方が折れてしまった。

P5070097

| | コメント (2)

この頃の庭

コーネリアが咲き出してきた。

蕾は沢山あるけど、花はまだチラホラ。

P5060056

P5060053

P5060058

去年、一目で気に入って迎えたアルシディック・ジョセフ

薔薇園で見たあの美しさには及ばないけど、

私の庭でアルシディック・ジョセフが咲いていてくれるだけで幸せ

P5050001 

シスターエリザベス

P5060032

どうしたことかとっても大きな花径で咲いたカフェ

P5060029

ピンクのたつなみそう

P5070079

| | コメント (0)

春のヘルモサ

楽しみにしていた春のヘルモサ。

話に聞いていたとおり、春の花は花びらがぎっしり。

なんて巻き巻きが美しいのかしら^^

P5050156

P5050158

黄色い西洋おだまきが咲き出してきた。

薔薇のそばで薔薇をよりいっそう美しく見せてくれるから大好きな花。

P5050095

路地のエリゲロン

P5050132

この可愛いオキザリスの名前は何ていうのだろう?

いつかふとしたことで判るといいな。

P5050170

ビバーナム・スノーボールは葉っぱも綺麗。

P5050131

セラスチウムをアップで。

P5050175

| | コメント (2)

紫燕飛舞

あっと言う間に開ききってしまった紫燕飛舞

細いひらひらの花びらがぎっしり。

P5040032

P5040012

P5040040

ピンク色になったエリゲロン

P5040060_2

風で茎が捩れてしまったデルフィニューム

P5040041 

| | コメント (0)

次々開く薔薇たち

気温が急に高くなって、蕾のまま何日も過ごしてきた薔薇たちが、次々開花してきた。

オールドブラッシュ・チャイナ

P5030051_2 バロン・アンリエット・ド・スノイ

P5030059

レディ・エマ・ハミルトン

P5030139

アイスバーグ

P50300401

| | コメント (0)

黄色いしべのアイスバーグ

  黄色いしべが覗いてきたから、やっぱりあなたはアイスバーグだった。

P5020086

上から順にカフェ、あおい、レディ・エマ・ハミルトン、コーネリアなど、膨らんできた蕾たち。

P5020045 P5020046

P5020109 P5020079

| | コメント (0)

誕生日プレゼントの薔薇苗

誕生日はとうに過ぎたけど、子供たちからの誕生日プレゼントが届いた。

「好きな薔薇の苗を何本頼んでもいいからネ!」という言葉が、

誕生日の一番のプレゼントだったヨ^^

P5010083

私が注文した薔薇は、前から一度この目で見てみたいと思っていたコレット(コレッタ)だ。

P5010090

それと、コレットの苗を扱っていた業者さんのサイトで初めて目にしたオマル・ハイヤームというオールドローズ。

淡いピンクで細いひらひらの花びらがぎっしりつまった可憐な花に一目惚れしてしまった。

P5010087

届くのを首を長くして待っていたので、今とっても幸せ♪

コレットは小さな蕾付きなので、そのうち花と対面できそう~

ただ、びっくりしたのは両方ともものすごく棘が立派だということ。

オマル・ハイヤームの棘を見て、ムカデを連想してしまった私^^;

P5010097_4

P5010094_3 

コレットは花もちが良くなくて、一日くらいしかもたないという記事を目にしたことがある。

オマル・ハイヤームは詩人オマル・ハイヤームの墓所で発見されたからこの名がつけられたんだそうで、私の好みの名前ではない。

(オマル・ハイヤームさんごめんなさい。いつか好きになる日がくるかも・・)

それに、年に一度しか花をつけてくれない一季咲き。

でも、花もちが悪くても、名前が好きじゃなくても、一季咲きでも、庭に迎えたくなる薔薇がある。

 

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »