« 雨の後の庭 | トップページ | 新しいバラのハンドブック »

今日の庭から

クリーム色で咲いたグリーンアイスとあじさいの白扇

P6090057

エンプレス・ジョゼフィーヌ・・・濃いピンクのものと淡いピンクのもの。

P6090011

P6090013

朝は花びらを閉じているアルンウイック・キャッスル。

P6090016

日中はこんなに開いて、同じ花とは思えないくらいにイメージチェンジする。

P6090031

蕾が残り僅かになったアルベルティーヌ

P6090005

P6090004 

P6090025

去年採った種を播いて育てた千鳥草

P6090026

|

« 雨の後の庭 | トップページ | 新しいバラのハンドブック »

グリーンアイス」カテゴリの記事

アルベルティーヌ」カテゴリの記事

エンプレス・ジョゼフィーヌ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~亜麻さん

白のアジサイもなかなか良いものですね

アルンウイックキャッスル、朝と本当に感じ違いますね
二度楽しめて良いじゃないですか 「一粒で二度美味しい」ですね
あはっ(笑) 遠い昔 どこかで聞いたキャッチフレーズ

アルベルティーヌさん 全然まだまだこれからと言う感じがするのですが 残り少ないと聞くと寂しいです
今のうちによーく観賞させていただきまーす


投稿: 貴香 | 2010年6月 9日 (水) 23時08分

貴香さん こんにちは^^

この白扇はお花も小さくて、花つきもいいのでとても気に入っているんですよ~
もう少ししたら、白い西洋あじさいのアナベルも咲き出すので楽しみです♪

「一粒で二度おいしい♪」子供の頃から聞いて育ったような気も~^^;
歳がわかっちゃいますね^^

アルベルティーヌ、思いのほか沢山のお花をみせてくれて嬉しかったです♪
来年までお別れなのが本当に残念です~

投稿: 亜麻 | 2010年6月10日 (木) 14時07分

こんばんは☆

先日、ジョセフィーヌの日記にお便りしたのですが、きっと送信出来なかったのですね(^^ゞ

私も大好きなジョセフィーヌ*亜麻さんのお庭で拝見出来てとっても嬉しいです。
カタログ以外での開花を見たことがなくて
本当に憧れの薔薇です。

3年前、ある薔薇園で見つけたのですが、また固い蕾でした。

薔薇の歴史に、どれだけ貢献したであろうジョセフィーヌ・・・
その生涯は波乱に満ちていたのかもしれないけど
マルメゾン宮殿で咲いていた薔薇たちの魅力は今でも充分感じられますよね。

ふんわりと優しく咲く薔薇なのですね♪

ガリガローズ・・・亜麻さん、お好きなのですか?
私・・・大好きです!

昨日、シャルルドミルの花を、友人からもらってきました。
とっても美麗で高貴な薔薇・・・挿し木しようと思います。

白いエブリン*亜麻さんのお庭では、またミラクルが起こりましたね(^-^)
清楚なエブリンも美しいです。

投稿: rosenavy | 2010年6月10日 (木) 21時07分

rosenavyさん こんにちは^^

まあ~そうだったんですか。
こうして再びコメントしてくださって嬉しいです♪

ジョゼフィーヌがなくなった直後にマルメゾンにあった薔薇にその名がつけられたらしくって、だとすれば彼女はまさにこの薔薇のような女性だったのでしょうか。
近寄り難いようなところがみじんもなく、ふんわりと優しくたおやかな薔薇、エンプレス・ジョゼフィーヌ。
きっと、皇妃であっても、薔薇を愛する気持ちは私たちと通じるものがあったのではないかしら・・・などと思ってしまいます^^

ガリカローズ、私も大好きですヨ^^
エンプレス・ジョゼフィーヌ以外では、シャルル・ド・ミルと紫玉しか育てていないんですけど、どちらも深い赤紫で麗しいお花ですね♪
シャルル・ド・ミルの挿し木、成功すると良いですね^^

エヴリンが白いお花を咲かせるというのは、良く聞きますヨ☆
きっといつかrosenavyさんのエヴリンも白いお花を咲かせてくれるはずですから、お楽しみに^^*

投稿: 亜麻 | 2010年6月11日 (金) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨の後の庭 | トップページ | 新しいバラのハンドブック »