« 夏の庭から | トップページ | 夏のマリー・デルマー »

綺麗に咲いたルージュ・ピエール・ド・ロンサール

春はボーリングして、ちゃんと開かなかったルージュ・ピエール・ド・ロンサールが、

この暑さの中でとっても綺麗なお花を咲かせてくれた。

房になって咲いてくれる日が楽しみ。

P8050022

挿し木苗をプレゼントしてくれたMさんが、「この薔薇はなかなか開かないのよ。」と言っていたけれど、あっという間に開いたのは夏の魔法のせいかしら?

P8050030

暑くても、薔薇たちは咲きたがる。

P8060070

P8070053

P8080094                       コーネリア

P8050014                   アルシディック・ジョセフ

P8060049

P8070011                       フェリシア

P8070001

                    グラハム・トーマス

P8080088                      セシル・ブルンネ

                                                                          

 

P8070034

catお鼻をペロリとするにゃん

P8060131

P8060132

にゃん

|

« 夏の庭から | トップページ | 夏のマリー・デルマー »

コーネリア」カテゴリの記事

フェリシア」カテゴリの記事

ルージュ・ピエール・ド・ロンサール」カテゴリの記事

コメント

亜麻さんのお庭に行きたいです・・・
行き届いたお庭shineステキですheart04
 
このところ日中は暑い日が続いてますが、夕方にはゴロゴロthunderザーrainなので、夕方の水遣りをしなくて済むんですが、水やり以外のお手入れをしていませんcrying
草取りが目下の課題ですcrying
 
にゃんちゃん、暑くても元気そうねwink 

投稿: marumi | 2011年8月 9日 (火) 07時52分

毎日ホントにあっついですね~coldsweats01

薔薇が咲きたがる。。って本当にsign01
まったく咲きたがらない方々もおりますが
(うちのコーネリアは夏季休業中。。。)
今の薔薇。。。結構キレイに咲くんですね~。

にゃんちゃんcat
お鼻ぺロリン。。。かわいいねheart04

投稿: tantatta. | 2011年8月 9日 (火) 11時39分

わお~

咲いたね~本当にきれいで、、、たっぷりの花びらで、、、
それもこの時期、、、
魔法がかかった?
亜麻ちゃんのお手入れのまめさが、こんなきれいなルージュ・ピエール・ド・ロンサールが生まれたんだね。

すてき。。。
コーネリアも、、いつもの通り、亜麻ちゃんのお庭らしくさいていて、、、
いつでもきれいな亜麻ちゃん色のお庭~。。。。
ですね。

投稿: 野花 | 2011年8月 9日 (火) 13時54分

cutemarumiさん こんばんは^^

来て来て~notes
いつも何かしら咲いているから、
marumiさんに見せたいな~heart04

こちらは、あんまり雨が降らなくて、
毎日の水遣りが一仕事なのsweat01
夕方になると蚊が沢山寄ってきて、
もう腕も足も悲惨な状態です^^;

catぼく、元気いっぱいだよ~^^

投稿: 亜麻 | 2011年8月10日 (水) 00時53分

cutetantatta.さん こんにちは^^

今日も暑くて暑くて~sweat01
水遣りも一仕事で、いつも汗だくです^^;
でも、水遣りは苦にならないの。
その後の食事の支度から解放されたいな~
薔薇たちは、案外元気で夏が好きそうなのが
多いですね^^
コーネリアは、この一枝だけ蕾をつけていました。

catあの可愛い猫ちゃん元気かな~

投稿: 亜麻 | 2011年8月11日 (木) 15時28分

cute野花ちゃん こんにちは^^

ね!綺麗に咲いたでしょう^^
嬉しいな~♪
お友達に貰った小さな挿し木苗なんだけど
よく蕾をつけてくれるのにびっくりしてるの。
お手入れはあんまりちゃんとしてないんだけど^^;
色もピンクやパープルの浮かぶ赤なのですごく気に入っちゃった♪
早く大きくならないかな~

コーネリア、もう随分長く庭にいて、いつも
私の事を見ていてくれてる。
一枝だけ、ブーケみたいに咲いて、「元気出して!」って
励ましてくれてるように思えたよ^^

投稿: 亜麻 | 2011年8月11日 (木) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の庭から | トップページ | 夏のマリー・デルマー »