« グレイスとシスターエリザベス | トップページ | 綺麗に咲いたルージュ・ピエール・ド・ロンサール »

夏の庭から

レダの株にクレマチス・デュランディーが絡まっている。

クレマチス・デュランディーは迎えて何年にもなるけど、まだ鉢植えで、

定植場所をどこにするかなかなか決められないでいる。

P8020043

ピンク色で咲いたグリーンアイス、中心にはちゃんとグリーンアイを覗かせている。

P80400121

開きそうなルージュ・ピエール・ド・ロンサール

P8040008

薔薇色々

P8020006

P8040047

ぼくの背中は真っ黒で、前足も後ろ足も真っ白だよ

P8040001

P8040028

|

« グレイスとシスターエリザベス | トップページ | 綺麗に咲いたルージュ・ピエール・ド・ロンサール »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

にゃんちゃんの黒白の具合は
すんばらしいね~~
あんよが、真っ白。。。それと頭の黒が
ポイント高~い

うちのクレマちゃんも
住所不定です

ルージュ・ピエールさん。。。コロンとして
素敵~~
大きくなりそうな気がして、ピエール一族は
今までお迎えしなかったけど。。。
やっぱり、いいですね~。

とうとう、家の夏薔薇も咲きましたよぉ~
すぐ切って、少しは体力温存してもらおうと
。。。お礼肥あげていいのでしょうか。。?

投稿: tantatta. | 2011年8月 5日 (金) 12時59分

グリーンアイス。。。綺麗なピンクさん。。そう言えば
家の子も。。ピンクさんいたなぁ〜。。いま。。グリーンアイ。
が見えるバラが多いんだよね。。夏だから???
主婦さん。。。頑張ってね。。。あっ〜。。実は私もだったぁ〜

投稿: jazzmaine | 2011年8月 5日 (金) 18時21分

クレマチス、デュランディー
素敵な色ですね。
薔薇とよく合う色だわ~

鉢植えだと、どの薔薇となら咲く時期が一緒だとか、実際の色合いを比べて見たりして、置き場を変えられるからいいよね。

でもなかなか、好きなクレマチスって、合わせたい薔薇と時期が違ってたりして、難しいよね。
ちょっと、、、クレマチスの方が、遅いかな~って。

そうそう、、踊場。。。何本かさしたものが、、今4本ほど残ってて、ちょっと期待しています。
つる伏せもやってみてますが、なかなか発根しないみたいで、、、どちらかうまくいくといいなあ~期待しないで、待っててね。

うちのルージュ・ピエール・ド・ロンサールは、夏は駄目みたいで、蕾の一つもありません~
きれいな蕾で、プックリ咲きそうだね~

投稿: 野花 | 2011年8月 7日 (日) 17時30分

tantatta.さん こんばんは^^

バタバタしてて、お返事遅れてしまいました~^^;
クレマチス、根がすごく伸びるから、地植えするの勇気(?)が要りますよネ^^
このデュランディーはもう3.4年、同じ鉢に植えっ放しなんです。
ルージュ・ピエール、薔薇友さんが挿し木してくれたのですが夏のルージュは素敵でした♪
春はボーリングして、開かなかったんですけど・・・
自分からは、なんとなく迎えそうにない薔薇も薔薇友さんのお陰で、
楽しませて貰えるので感謝してます♪

この時期に咲いた薔薇、すぐに切ってアレンジするのがベストですよね^^
私の持ってる本には、8月中旬から下旬にかけて追肥を与えるようになってます。
そして、7月中旬から8月末迄は摘蕾すること!ですって^^;
私、だめだわ~

投稿: 亜麻 | 2011年8月 8日 (月) 00時57分

jazzっち こんばんは^^

お返事遅くなってごめんね~
もう、ペース乱れまくりで、写真は溜まるばかりよ~^^;
PCの前に座る時間がなかなかとれなくて
グリーンアイス、ピンクで咲いたり、ベージュで咲いたり
色々楽しませてくれるから、大好き♪
早く100株くらいにしたいな~
グリーンアイ、どうかな~夏だからかどうなのか、よく知らないの
ありがとう、頑張るね

投稿: 亜麻 | 2011年8月 8日 (月) 01時08分

野花ちゃん こんばんは^^

クレマチス、デュランディー、雑誌で見た本場のイングリッシュガーデンで
素敵に咲いていて、憧れて迎えたのだけど
なかなか思うように薔薇とコラボさせることが出来ないの^^;
咲く時期が微妙にずれちゃうのが、悩みだわ~
踊場、発根したのかな~
うんうん、期待しないで待ってるネ
野花ちゃんのルージュさん、夏に咲いてくれるといいのにね

投稿: 亜麻 | 2011年8月10日 (水) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グレイスとシスターエリザベス | トップページ | 綺麗に咲いたルージュ・ピエール・ド・ロンサール »