« 散り際のシスターエリザベス | トップページ | エスカペード »

雨が降って

朝からずっと雨だった。

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガーが咲いたけど、ピンク色が浮かんでいなくて

ちょっと淋しい感じ。

Pa210023

高いところに見えるコーネリアの蕾

Pa210033

バタースコッチの蕾

Pa210013

淡いピンクのアイピーゼラニウム

Pa210008

Pa210005

昨日はジュビリーセレブレーションが綺麗だった。

Pa200006

Pa200073

Pa200093

昨日の庭のお花たち

Photo

天井に怪しい虫発見!

Pa200162

|

« 散り際のシスターエリザベス | トップページ | エスカペード »

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー」カテゴリの記事

ジュビリーセレブレーション」カテゴリの記事

コメント

おはよう~
亜麻ちゃん、
雨の雫で、飾ったマドモアゼル・フランチェスカ・クルーガーが本当に素敵です。

この花弁は、、、
真珠を散りばめたような特別な花びらなの~?
って驚くくらいきれいに、そしてまんべんなくきらきらした雨粒が広がっていて、
本当にステキ、、、、、

きっと、、、何年に一度の特別な。。
マドモアゼル・フランチャスカ・クルーガーなのかもね。

ピンクの色がさみしいから、その分こんなにきれいに咲いたのかなあ~

ジュビリーさん

我が家と同じ頃に咲いてうれしいな~本当に、すべすべのお肌、、、じゃなくて花びらの美しさと華やかさと、、、きれいで、ほれぼれするね。

投稿: 野花 | 2011年10月22日 (土) 09時35分

亜麻さん、こんにちは!
ワ~カ~ル~!!何か見つけたときの顔ですよね!「やっぱりハンターなんだな~。」という表情にパッと変わりますよね。にゃんちゃん、何を見つけたのでしょう。
亜麻さんのブログに来ると、きれいなバラたちにうっとりした仕上げに、にゃんちゃんのかわいい姿を見られて嬉しいです。
by momo

投稿: twinkle echo | 2011年10月22日 (土) 16時28分

こんばんは~
マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー、
雨に濡れている姿がとっても綺麗
うちの近くのバラ園で、春にバタースコッチがとっても綺麗に咲いていたので、
先日も見にいったら、全然咲いていなくて、
秋には咲かない子なのかと思ってました。
亜麻さんのお庭で、かわいらしい姿が見られてうれしい

カラフルなお花がたくさん咲いてますね~
右上の子はウィンターコスモスかな?
うちももう少しで咲きそうで楽しみです^^

投稿: aya | 2011年10月22日 (土) 21時26分

野花ちゃん こんばんは^^

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー、雨に濡れて
しっとりおしとやかな感じに咲いてたよ~
ちょっと淋しい色だな~と思ったけど、
野花ちゃんにそう言ってもらうと、
素敵に見えて来ちゃった~♪
小ぶりだけどいい形のお花だったよ^^
秋のジュビリーの赤味を帯びた色が大好き・・
ほんとに、うっとりのほれぼれ^
蕾、ほかにもあったのでちょっと嬉しい♪

投稿: 亜麻 | 2011年10月23日 (日) 20時07分

momoさん こんばんは^^

そうそう!
やっぱりハンターの血は争えないですよね^^
天井までジャンプしたそうな、でも届かないのがわかってるから、
踏みとどまってるみたいなところが見てて面白い~
ってほんとに目がいいですよね。
家の中に入り込んだ蚊を見つけてくれるので助かってます~
この時は、小さなゴキブリを見つけてくれました~
momoさんとはつながりで、嬉しい♪
あ、もちろん園芸部でも一緒ですね

投稿: 亜麻 | 2011年10月23日 (日) 20時29分

ayaさん こんばんは^^

マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガーは咲くたびに表情が違う薔薇なんですけど、
この日のお花はとっても上品な感じでした~
花びらが傷んでいなくて、お花の形もすごく綺麗でした♪
バタースコッチはよく蕾をつけるんですが、虫に齧られることが多くて
なかなか綺麗に咲いてくれません。
この蕾は無傷で、少しほころびかけててなんか嬉しくなっちゃいました。
バラ園のバタースコッチは花数も多くて、咲いたらとっても素敵でしょうね~
ピンポン、ウインターコスモスですよ~^^
この子も丈夫で良く咲くいい子ですね
背が高くなり過ぎちゃったので、横に倒して低い位置で咲くようにしてます。
倒した茎の節が地面に触れると、またそこから根が出ますよね。


投稿: 亜麻 | 2011年10月23日 (日) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 散り際のシスターエリザベス | トップページ | エスカペード »