« このごろの庭 | トップページ | ラデュレ »

沢山の名を持つ紫燕飛舞

紫燕飛舞の色は、紫を帯びた濃いローズピンクと言われているけれど、

今日咲いたお花は、ピンクを浮かべた赤と言えばいいのかな。

迎えた時は、紫燕飛舞という名しかないと思っていたけれど、

そのうち、アメリカではマギーと呼ばれていることを知った。

そして、チャイナローズとされているけれど、実はハンガリーで作出された

ユジェーヌ イー マルリという名を持つ薔薇だということも・・・

こんなに美しい素敵な薔薇だから、色んな国で愛されているのね。

Pa140018

アルシディック・ジョセフ

Pa130023

Pa130028

Pa140003_2

マダム・アルフレッド・ドゥ・ルージュモン

Pa130082

Pa130080

廊下で休んでいるにゃん

Pa130108

|

« このごろの庭 | トップページ | ラデュレ »

紫燕飛舞」カテゴリの記事

アルシディック・ジョセフ」カテゴリの記事

マダム・アルフレッド・ドゥ・ルージュモン」カテゴリの記事

コメント

シエンヒマイと読むのでしょうか??
国が違うと、薔薇の名前が変わることありますよね。友人とチャットでバラのことを話題にしても、通じないことがありました。画像を見せたらなんとか通じましたけどね。
にゃん太くん、いつみても美猫さんだなぁ。

投稿: かっつん | 2011年10月15日 (土) 15時58分

かっつんさん こんばんは^^

日本語読みではシエンヒブと読むようですが、
中国で名付けられたからなのか、Zi Yan Fe Wu (ツーヤンフェーウー)と
呼ばれることが多いです。
世界的な銘花といわれるアイスバーグも、ドイツではシュネービッツェン、
フランスではフェデネージュですものね。
ラ・フランスも明治の頃の日本では、天地開だったそうですし。
かっつんさんサンキュ~

投稿: 亜麻 | 2011年10月15日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« このごろの庭 | トップページ | ラデュレ »