« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

 ラナンキュラス

十年以上前には、黄色で中心がグリーンのラナンキュラスを育てていて、球根がどんどん増えて、ある時期には庭中黄色になったことがあった。

なのに、いつの間にか絶えてしまって、それ以来ラナンキュラスは植えていなかった。

これは先日買った私のセカンドラナンキュラス。

増えて欲しいな~

P2290001

小さなポットに根がいっぱいにまわっていたから、一回り大きな鉢に植え替えた。

P2290044

まだ固い蕾が一つついている。

P2290031

後ろのピンクのお花はギョリュウバイ。

花が終わりかけてて、480円から180円になっていたのでつい買ってしまった。

常緑樹らしいので、こんもりと大きく育てたい。

お花も可愛いし、茎が赤っぽくて小さな葉っぱが密についているのも素敵。

P2290045

このラナンキュラスのように花びらの多い薔薇といえば、ジェイムズ・ギャルウェイかしら?

ジェイムズ・ギャルウエイ 2011

P5230021

P5270137

P5270155

P5290378

catカメラ嫌いだってば~angry

P2270036

| | コメント (16)

今日もまたパンジー

シックなエクリップス

P2260002

ひらひらのフリルパンジー

P2240013_2

可愛いマルベリー

P2240022_2 o

ROSES 2011

紅くなったヴァリエガータ・ディ・ボローニャ

P5210185

ピンク色で咲いたレダ

P5210150

P5210140

P5210142

P5210152

P5210182

P5210183

エグランティーヌ

P5130001

P5150020

P5150026

P5210081

P5140073 

ジュビリーセレブレーシヨン

P5210083

P6030089

P6030090

紫燕飛舞

P5210008

P5210015

マルチェサ・ボッチェラ

P5210060

5月の庭の花

P5210283_2

P52102871_2

catにゃん 2011

P52102571

| | コメント (16)

種蒔きパンジー

暖かな陽射しを浴びてほころんできたフリルパンジー。

黒紫かとおもっていたけど、赤紫だった。

P2230165

パンジー エクリップスは綺麗に開いていた。

白く細い縁取りがとっても素敵。

P2230170

近々開きそうなこんな状態の子もいる。

P2230175

oお

catお外の光、眩しいにゃん

P2200043

ROSES 2011

コレット

P51900801

P5190090

P5190083

ジェイムズ・ギャルウェイ

P5190158

P5190159

エリザ・ボエル

P5190133

P5190134

ルイーズ・オディエ

P5190135

| | コメント (14)

アントワーヌドルモア 2011

ケーキ屋さんへ行って、ケーキが買えた日はとっても幸せ♪

P2180022

cat毛繕いしてる時のにゃんは幸せそう

P2160064

P21600721

昨年5月に咲いたアントワーヌドルモアという一季咲きの薔薇 。

ソフトピンクの薄紙のような花びらが幾重にも重なって、

ただただロマンティックで儚げで美しい。

P5140104

P5140101

P5140107

P5140228

P5140111

P5140096

P5140233 

アントニア ドルモアと呼ばれることが多いようだけど、私はアントワーヌ ドルモアという呼び名の方が好き。

1835年以前に19世紀中期のフランスの育種家  ジャン=ピエール ヴィヴェール ( Jean-Pierre 、Vibert1777-1866)が作出したといわれている。

| | コメント (18)

庭のパンジー 

パンジー マルベリーは沢山の株が育っているけど、色幅があるから飽きずに楽しめる。

P2150119

P2150127

P2150160

P2150170

花色ミックス種からのフリルパンジー シャロンがやっとここまで育った。

とっても好きな色なので嬉しい。

もうすぐひらひらの花びらを広げた姿を見られる。

P21501471

エクリップスというパンジーは、遅咲きのようで、やっと蕾が見えた。

蕾の先が白いのは黒紫色の花びらにに細く白の縁取りが入るから。

P2150138

5月に咲く一季咲きの薔薇 ラッセリアーナ(別名 オールドスパニッシュローズ)

咲き進むにつれ表情が変わる可愛らしい小輪の薔薇。

P5100081

P5110066

P5300104

P5300106

P5170174

P5170176

P5170179

おお

catお昼寝中のにゃん

P2140005

| | コメント (14)

ときめく薔薇 ファンタン・ラトゥール

あと3ヶ月もすればまたファンタン・ラトゥールが咲く。

一年のうちのほんの束の間しかお花を見ることが出来ないけど、

この薔薇ほどに私の胸をときめかす薔薇は他にない。

ふんわりと咲く、ロマンティックなピンク色の美しい薔薇。

P5190114

P5190119

P5200143

P5200177

薔薇の花を描かせたら右に出る者はないと言われる有名なフランスの画家、Henri Fantin-Latour(1836-1904 )の名前がつけられている。

P5210071

P5210076 

咲き始めは花びらの先がツンと尖っていて、少し張り詰めた感じ。

でも、一日経つと一番上の写真のような優しい雰囲気を漂わせるようになる。

P5180054

catぼくは薔薇よりかつおぶしにときめくにゃ

P2100101

| | コメント (14)

My roses 2011

昨春の薔薇の画像を取り出して眺めているのは、

寒くても庭の作業をやらなくちゃという気を奮い立たせるためかな?

春の薔薇は自然が咲かせるとはいうものの、

せめて、何年も同じ鉢に植えたままの薔薇だけは、植え替えてやらなくちゃね。

グラハム・トーマスとエヴリン

P5170048

植え替えを心待ちにしている鉢植えのエグランティーヌ

P5180098

ブラッシュ・ノワゼット

P5170175

P5190123

ウイリアム・シェイクスピア2000

P5190047

P5170205

P5180071

バフ・ビューティー

P5170180

おお

粉粧楼

P5190063

クリストファー・マーロウ

P5180067

P5170203

P5180066

ジェイムズ・ギャルウェイ

P5170103

P5170109

コーネリア

P5180079

ジャクリーヌ・デュ・プレ

P5180355

o

o

o

緑光

P5190049

cat今年のお庭が心配だにゃん

   P2070052

    母さんは、にゃんのメタボなお腹が心配だよ~

| | コメント (18)

昨年5月の庭から

昨年5月16日の庭の記録

枝変わりした紅いヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(Variegata di Bologna)

P5160052

P5160005

P5160049

P5160012

P5160061

P5160082

レダ(Leda)

P5160091

P5160088

P5160093

フェリシテ・パルマンティエ(Felicite Parmentier)

P5160067

コレット(Colette)

P5160135

P5160134

ルイ14世

P5160097

P5160100

P5160102

P5160109

エグランティーヌ(Eglantyne)

P5160130

P5160132

コーネリア(Cornelia)   

P5160127

P5160129

バフ・ビューティーとサポナリア バッカリア ホワイト

P5160070

アーチやパーゴラ、煉瓦の小道、板壁、ベンチ、などがあったら、この庭ももっと雰囲気が変わるだろうな~

元気に庭仕事できるだけでも、感謝しなくちゃいけないのに、欲しいものが沢山。

P5160164

catデジタル一眼も欲しい欲しいっていつも言ってるにゃ

P2040017

| | コメント (14)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »