« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

雨の日のピンクパール

数日前の雨の日

ピンクパールという名のこの薔薇は、雨で花びらを傷めることもなく、しっかりと上を向いて咲いていた。

この薔薇が咲くたびに、ピンクパールというにはちょっと鮮やか過ぎるピンク色だなあと思っていたけど、雨の日には嬉しい綺麗な色。

P5250034

P5250071

P5250064

cat伸びをするにゃん

P5250004

| | コメント (10)

シャルル・ド・ミル 

シャルル・ド・ミルはあでやかで美しい大人の女性の雰囲気を持っている。

1746年以前からあったといわれている古い薔薇。

P5300067

P5300059

P5290184

花がら摘みが追いつかなくて、萎れた花があちこちに^^;

P5290138

P5290243

P5300082

P5300075

P5300095

。。

つりがね草とペンステモン・ハスカーレッド

P5300077

P5270107

catぼくの手貸してあげようか?

P5290038

| | コメント (12)

野薔薇の季節

豪華な薔薇も素敵だけど、人の手の加わらない原種の薔薇もこんなにも美しい。

ハートの形をした5枚の花びらと、ほわほわの黄色いシベ。

以前はしべが黒ずむともう綺麗じゃないと思ったものだけれど、この頃はそうなった姿もいとおしく思う。

ロサ・ムルティフローラ・アデノカエタ  別名ツクシイバラ

P5290275

P5290277

P5290299

P5260035

ロサ・ムルティフローラ  (棘なし野イバラ)

P5260020

P5260019

アナベルはまだだけど、山あじさい 白舞妓が咲いている。

P5290191

白舞妓と、棘なし野薔薇を摘んで

P5280086

P5280087

P52800911

cat耳が痒いにゃん

P5270167

| | コメント (10)

アントワーヌ・ドルモアを摘んで

昨日のアントワーヌ・ドルモア

P5240020

P5240023

今日はピンク色が薄れて、儚げな雰囲気になっていた。

P5250055

P5250059

グリーンアイを覗かせてる。

P5250060

散ってしまう前に、ブーケにしてみたかったけど、二輪ほど

ハラハラと崩れてしまったので諦めた。

P5250099

コレットコレット

P5250200

P5250206

P5250211

祖父の薔薇

P5210015

P5230011

P5250015

祖父の薔薇はうつぎストロベリーフィールズの隣に植えてある。

P5240146

P5250022

P5250082

P5250085

cat薔薇の向うににゃんがいる。

P5220174

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ジュノー

去年はたったの一輪しか咲かなかったジュノーが、今年は5つ蕾をつけた。

ソフト・ピンクのふっくらとした優しげなジュノーは母性を司る女神の名に相応しい。

P5240006

P5240008 

P5240014

P5240018

ブラッシュ・ノワゼット

P5240086

P5240088

ウイリアム・シェイクスピア2000

P5240120

P5240103

オールド・ブラッシュ・チャイナ

P5240112

P5240091

P5240065

cat洗濯ネットが大好きなにゃん

P5240153

P5240162

| | コメント (10)

ラッセリアーナとエリザボエル

ラッセリアーナはそろそろお終いだけど、長いこと次々咲いて楽しませてくれた。

P5230091

今日はエリザ・ボエルがラッセリアーナとコラボしていた。

P5230080

P5230089

アルンウィック・キャッスルとジュビリーセレブレーション

P5230045

ジュビリーセレブレーション

P5230052

俯かないで咲いて欲しいけど、俯く姿がいいのかな?

P5230072

スーヴニール・ド・ラ・マルメゾン

P5230088

。。

フェリシア

P5230113

デンティ・ベス

P5230120

ヘルモサ

P5230093

P5230122

P5230065

にゃんがまた爪とぎしてる^^;

P5230158

| | コメント (6)

フェリシテ・パルマンティエ

フェリシテ・パルマンティエが咲き始めた。

P5170047

咲き進むと花弁が反り返って可愛い。

P5190026

世界に一つだけの実生の薔薇も、一重だけどコーネリアの面影を残している。

P5190052

P5190053

P5210019

アントワーヌ・ドルモア

P5190061

P5190057

P5220133

ポートランドローズ

P5180082_2

シャルル・ド・ミル

P5200247

コマンダン・ボール・ペール

P5220081

アルン・ウイック・キャッスル

P5220067

.

.

.

コーネリア

P5190014

アルシディック・ジョセフ

P5190015

薔薇の花がら

P5190120

catおやすみなさい~

P5200198

| | コメント (14)

雨あがりの庭の薔薇

ラッセリアーナ

P5210057

P5210052

バタースコッチ

P5210105

カフェP5210100 

スイート・ジュリエット

P5210045

P5210048

P5210050

シンベリン?と紫玉

P5210085

コーネリア

P5210033

P5210031

アマンダ・パテノット

P5210022

P5210020

ジェイムズ・ギャルウェイ

P5210124

ピンクレダ

P5210132

レダとコマンダン・ボールペール

P5210147

コレット

P5210173

P5210067

cat今日は、写真貼るだけだったね。

P5200122

| | コメント (8)

初めて見る薔薇

薄いフリフリの花びらがロマンティックな素敵な薔薇が咲いた。

薔薇友jazzっちが挿し木して送ってくれたまだ小さな苗だけど、

房に蕾をつけて綺麗な花を見せてくれた。

正式名称は不明だけど、jazzっちはノスタルジアンザと名付けている。

想い描いていたよりも、ずっとずっと美しくて、香りも良くてうっとり。

P5190185

一季咲きで中輪、花もちがとてもよくて、棘がほとんどないのが嬉しい。

大きく育って上から枝垂れるように咲いたら、どんなに素敵だろう。

P5190182

P5190186

P5170085

P5120062

P5160062

P5180004

薔薇とうつぎ

P5190098_2

catソファーで爪を研いだらどうしていけないの?

P52000461

| | コメント (11)

トキンバラとザ・ナンとアルバ・マキシマじゃなかった薔薇

去年は沢山咲いたトキンバラ(ルブス・コマーソニー)

今年も沢山蕾をつけたのに、油断している間に虫に齧られて、

綺麗に咲いたのはたったの一輪だけ。

P5170024

P5170048

薔薇友Rさんに頂いたERザ・ナンが咲いた。

蕾のときから、しっとりとした佇まいで、うっすらと、ピンク色を浮かべた白い花びらの美しさにうっとりしてしまった。

向うにみえるのは、緑光。

P5160175

花びらの色と質感が本当に、憧れのアルバ・マキシマのようで嬉しい。

P5170090

綺麗なしべを花びらが包み込むようにしている。

P5170133

アルバ・マキシマといえば、誕生日プレゼントとして二男に買ってもらい、蕾が沢山ついたと喜んでいたのだけど、咲いた花はアルバ・マキシマじゃなかった。

P5170101

ナーセリーさんにこのことを電話して画像を送ると、ちゃんと対応してくださって、秋にもう一度アルバ・マキシマを送ってくださるとのこと。

そして、この薔薇もこちらで育ててくれないかと・・・。

アルバ・マキシマが咲くのを楽しみに楽しみにしていたので、とても残念だけど、こんなこともあるよね。

それにしても、グレーグリーンの葉色はアルバローズのものだったので

お花を見るまで疑うこともしなかったな~。

| | コメント (6)

今日も薔薇とにゃん

一番花はとっても大輪だったウイリアム・シェイクスピア2000

P5180013

スイート・ジュリエットも咲き始めた。

P5180031

P51800321

挿し木から育てているクリストファー・マーロウは、かなり大きくなったので一度に沢山の花をみせてくれるようになった。

P5180027

庭の様子

P5180020

P5180066

エリゲロンに埋もれているのは、イヴォンヌ・ラビエ

P5180016

P5180067

コレットは、この一輪だけ外側の花びらがピンク色を帯びていて、今までと違う雰囲気だった。

P5180130

P5180071

catここも落ち着く寝床だよ。

P5160046

| | コメント (4)

ロジャー・ランベリンとピンク・パールとコーネリア

やっぱりどう見ても、バロン・ジロー・ド・ランではない派手なお花のロジャー・ランベリン。

そろそろ、終わりのようで小ぶりなお花を咲かせている。

P5170067

P5170082

今まで、目立ちすぎると思っていたピンク・パールが、おとなしく思えるから不思議。

P5170034

P5170027

今年のコーネリアは、バラゾウムシやコガネムシやマメコガネに好まれて、綺麗なお花を探すのが難しい。

P5170122

P5170123

P5170041

庭の様子

P5170102

P5170103

catにゃんだろ?

P5170162

| | コメント (8)

元気のないコマンダン・ボールペール

大好きなストライプの薔薇、コマンダン・ボールペールが、今年はあまり蕾をあげない。

大きくなって欲しくて、地植えにしたのに、鉢植えの方が良かったのかな?

P5160023

P5160026

そばのオルレイヤとレダの勢いが強すぎて、負けてしまったのかもしれない。

P5160035

P5160038

P5160256

名前のとおり紫色に見える紫玉

P5160052

P5160018

コレットの鉢をコーネリアのそばに置いたのは失敗だったみたい。

どちらも色が似ているから、引き立てあうことが出来ないよね。

大きさが違うのが救いかな~

P5160101

P5160088

開きかけのコーネリアの色が好き。

P5160123

P5160021

P5160020

綺麗な色のピンク・パール

P5160263

おお

白いジギタリス

P5160003

黄色い西洋おだまき

P5160007

薔薇の花殻

P5160201

cat爆睡中のにゃん

P5160077

| | コメント (10)

雨の後の庭

一晩中降り続いたひどい雨で傷んだ薔薇が多い中、ジェイムズ・ギャルウェイはこんなに花びらが多いのに、綺麗な姿で咲いていた。

P5150028

P5150035

今年は雨が多いような気がする。

P5150045_2

P5150044_2

P5150022_2

cat遊びたがっているにゃん

P5150055

| | コメント (12)

咲き始めたレダ

レダが咲き始めた。

P5110049

P5130037

P5130018

P5140260

P5140262

中にはピンク色のレダも。

P5130013

ヘルモサ

P5140228

P5140340

P5140338

ロジャー・ランベリン

P5130079

グレイス

P5130097

ラッセリアーナ

P5130119

P5130122

コーネリア

P5140249

ジャクリーヌ・デュ・プレ

P5140201

P5140202

バフ・ビューティー

P5140254

咲き進んだクリストファー・マーロウ

P5140393

おお

薔薇を摘んで

P5140285

P5140290

catここ落ち着く寝床♪

P5130183

| | コメント (8)

ロジャー・ランベリン

P5110049

以前育てていたバロン・ジロー・ド・ランを枯らしてしまったから、また新しく苗を買って咲くのを楽しみに育てていた。

去年数輪咲いた花を見たときも、何か変な感じがしたのだけど、まだ株が充実していないからいびつな花が咲いたのだろうと思うことにして、今年に期待していた。

今年は株も大きくなり沢山咲いたのだけど、それらの花を見て確信した。

やっぱりこれは、バロン・ジロー・ド・ランじゃないって。

ひらめいたのは、ロジャー・ランベリンという名前。

薔薇図鑑などで見たことのある、バロン・ジロー・ド・ランとよく似ているとされる薔薇。

P5110047

ナーセリーさんでタグをつけ間違えられていたのだろう。

蕾の状態までは、まだとても期待していたのだけど、ほころび始めるともう花びらがギザギザなのが見て取れて、心配な気持ちが高まった。

深いカップ咲きで花びらに白く細い縁取りの入るバロン・ジロー・ド・ランをもう一度見たかったのでとても残念だ。

P5080026

でも、縁あって私の庭にやってきたこのロジャー・ランベリンも個性的で美しい薔薇なんだから、大事に育てなくてはと思う。

P5110058

アルシディック・ジョセフ

P5110011

P5110067

セシル・ブルンネとアルシディック・ジョセフの花がら

P5100006

catロジャー・ランベリン、可愛がってあげてね!

P5070003

| | コメント (10)

紫玉とラッセリアーナ

ほかの蕾に先駆けて、一輪だけ株元の方で咲いていた紫玉。

古くからある日本のガリカといわれているが、詳しいことは不明なミステリアスローズ。

来歴不明の薔薇が、日本人によって改良されたものであるとの説もある。

咲き始めは外側の花びらだけが、額縁のように開いていて、愛らしい感じ。

P5080135

一日経つとポンポン咲きになって、外側の花びらはピンクがかってくる。

P50900151

P5090019

育ててみて、紫玉とラッセリアーナは似通っているところがあると感じる。

ラッセリアーナも最初は外側の花びらが額縁のよう。

P5110029

P5100040

そしてやっぱりポンポン咲きになっていく。

P5080115

P5110031

P5080117

ラッセリアーナはガリカではなく、ハイブリッド・ムルティフローラに分類されている。

そして、オールドスパニッシュローズ、ラッセルズコテージローズ、など沢山の名を持っている。

野村和子氏の「オールドローズ花図譜」によると、日本のノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)と、北アメリカ産の野生種ロサ・セティゲラとの自然交雑種であるとする文献が多いようであるが、詳細は不明とあり、ラッセリアーナもまたミステリアスな薔薇である。

左はノイバラ、右がロサ・セティゲラ

20125_2

しかし、強く感じるガリカの面影。

難しいことはわからないけれど、どこかで、ガリカローズの血も受け継いでいるのなら素敵だと思う。

| | コメント (4)

色づく庭

暑いくらいの日が続いて、どんどん薔薇が咲き揃って来た。

蕾と一緒にレディー・エマ・ハミルトン。

P5080034

マダム・アルフレッド・ドゥ・ルージュモン

P5110078

P5110060

コレットP5100018

P5110020

ラジオタイムス

P5110005

セシル・ブルンネ

P5110074

おお

コーネリア

P5090008

早くから咲き出したルイーズ・オディエは今沢山咲いているんだけど、

今日はこの一輪が一際美しかった。

P5100040_2

ジャクリーヌ・デュ・プレ

P5110007

おお

ヘルモサ

P5090011

P5090010

ビバーナムはそろそろおしまい

P5080196

白いお気に入りのオステオスペルマムがエスコルチア・アルバに埋もれてしまってる^^;

P5080152

P5080084_2

P5080090

P5100058

P5080097

catいじけてるにゃん

P5100064

| | コメント (6)

春のヘルモサ

年中良く咲くけれど、春の花が一番綺麗なヘルモサ

P5070052

   

開きかけのジャクリーヌ・デュ・プレは、うっすらピンク色を帯びていて初々しい。

P5070019

P5070061

P5070094

華やかで香りの良いフランシス・デュブルイ

P5070030

P5070098

ルイ14世の花びらはベルベットの質感を持っている。

P5070114

2輪並んで咲く、花びらたっぷりのルイーズ・オディエ

P5070125

「みかも」の蕾を毎日毎日わくわくしながら眺めている。

葉の色が黄色味を帯びたライトグリーンで、細く赤で縁取られている。

P5070037

大苗だけど、一ヶ月前に仮植え状態で届いたから、

今年咲くかどうか心配だったアルバ・マキシマも房に蕾を持ったので嬉しい。

アルバ・マキシマの葉も、シルバーグリーンでとても美しい。

P5070084

庭の様子

P5070076

P5070100

P5070068

P5070079

P5070104

可愛い小さな正義の味方、てんとうむし。

P5070048

cat猫草の匂い大好きだにゃん

P5040034

P5040038

| | コメント (10)

アナガリス

今まで育てたことのないお花、アナガリスが咲いた。

昨年種苗カタログで見かけて、気になったので、種を買って播いてみた。

なんという深い青・・・

素敵なお花だわ~♪

P5060137

P5060138

P5060135

P5060141

一季咲きのオールドローズたちがそろそろ開き始めるようだ。

P5060149

P5060154            ラッセリアーナ

P5060079           レダ

P5060177            オマル・ハイヤーム

P5060166

アダムを摘んで

P50601211

P5060126

cat今日はこの中で寝るよ。

P5060183

| | コメント (8)

開いたアダム

咲き始めは剣弁高芯咲きのハイブリッドティーのようだったアダムだけど、開くとクシュクシュっとした花びらがギッシリ詰まっている丸い花型になって、優しく女らしい印象になる。

ベージュが混じったようなこの素敵なピンク色が大好き。

P5050004

P5050012

蕾の時の剣弁がそのまま角のように外側に残っていてるのも面白い。

P5050008

ルイ14世

P5030110

P5050073

グレイスらしくない丸弁で咲いたグレイス

P5030083

フランシス・デュブルイの蕾

P5050064

ルイーズ・オディエ

P5050053

P5050079

ルイーズ・オディエのそばで、ギリア・レプタンサブルーが咲き始めた。

P5050050

P5050051

鮮やかなピンク色のオールド・ブラッシュ・チャイナ

P5050043

catもう寝てるにゃん

P5050049

| | コメント (7)

アダム

今年はアダムがもう咲きだした。

1838年にアダム(Adam)という育種家によって作出された最初のティーローズだそうだ。

P5020003_2

P5020008

ツダンホンシン(赤胆紅心)

P5030014

ルイーズ・オディエ

P5020083

P5030096

P5030005

P5030098

オールド・ブラッシュ・チャイナ

P5020049

P5030091

P5030015

P5030016

P5030009

P5020018

ビバーナムだけのブーケ

P4290149

P4290142

P4290184

catシャカシャカ音のする袋大好きだにゃ

P4300253

| | コメント (8)

開花し始めた薔薇たち

ルイーズ・オディエが咲いた。

この花びらのドレープの美しさ、黄色いしべの可愛いらしさ。

本当になんて素敵な薔薇だろう。

P5010095

もうすぐ開きそうな蕾も沢山。

P5020266

まだ、庭にはピンク色が少なくてルイーズ・オディエの色がポツポツと見えるだけ。

P5020285

粉粧楼はここまでほころんだ。

この清らかなピンク色に心が洗われるようだ。

P5010114

P5010119

オールド・ブラッシュ・チャイナ

P5020270

大好きなビバーナム・スノーボールが今沢山咲いている。

薔薇ばかりでなく、好きで植えた色々な花木が咲くのもこんなにも嬉しいことなんだと改めて気づく今日この頃。

P5020217

P5020219

P5020214

P5020247

P5020206

可愛い姿と綺麗な色の風鈴おだまき

P5020250

オルレイア・グランディフローラ(Orlaya grandiflora)ホワイトレース

P5020255

八重のこでまり

P5010070 

アップでばかり撮っていたけど、離れて見るとこんな感じ。

P5010106

cat拭き掃除のお手伝いしてくれてるにゃん

P5010183

| | コメント (10)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »