« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

冬色のグレコマ

薄紫色を浮かべた冬のグレコマ。

緑と白のグレコマが、冬になると浮かべるこの色がとても楽しみ。

グレコマも春を夢見ているのかしら。

Dsc_0016

寂しい庭で目に留まる赤い色

Dsc_0018

Dsc_0044

Dsc_0027

Dsc_0033

バケツの中には白い色

Dsc_0015

Dsc_0014

Dsc_0020

catガラスの向うにてんとう虫さんがいたよ。

Dsc_0009

Dsc_0041

自由にどこまでも行けていいな~

Dsc_0055 

| | コメント (6)

デュエット

このデュエットという名の房咲き水仙は、裏庭の砂利の中で毎年けなげにお花をつける。

蕾を寒さから守るようにしているこの薄い膜が破れたら、咲き始めるのかな?

Dsc_0049

Dsc_0052

風の強い日だったけど、少し陽射しがあったからかコーネリアが、花びらを広げてきた。

風に揺られて踊っているみたい。

お日様の力ってすごい。

Dsc_0047

Dsc_0045

Dsc_0044

Dsc_00391

二輪並んで、デュエットしているみたいなペラルゴニウム・シドイデス

Dsc_0009

Dsc_0019

Dsc_0029

catこの場所がお気に入りのにゃん

Dsc_0027

Dsc_0031

| | コメント (16)

黒いパンジーと白いアリッサム

ビロードのような質感の小ぶりな黒いパンジーと、白いアリッサムを一緒の鉢に植えた。

それぞれ、こんもりと育って、鉢からこぼれるように咲く日を楽しみにして。

この黒いパンジーがアリッサムで縁取られるようになったら、きっと素敵だろう。

Dsc_0015

Dsc_0014

Dsc_0011

クリーム色のストックとプリムラ・メラコイデス

Dsc_0027

あまりの寒さで咲けないでいるコーネリア

Dsc_0028

切り戻した金魚草とネメシア

Dsc_0030

catお山の大将

Dsc_0018

| | コメント (8)

穴のあいたバケツ

実家から貰ってきた底に穴のあいたブリキのバケツに、植え込み待ちの苗を入れている。

このバケツを見つけて大喜びする私を見て、父も母も呆れていた^^;

これでセメントを捏ねていたらしくて、内側にくっついたセメントがいい味を出している。

持ち手だけ、白いペンキを塗った。

Dsc_0014

今日買ったクリーム色と白の八重のストック、白のアリッサムとパンジー、前に買ってまだ植え込んでいなかった白のプリムラ・メラコイデスが入っている。

ミニミニホワイトガーデン♪

Dsc_0029

花びらを広げたペラルゴニウム・シドイデス

Dsc_0035

cat床に転がっているにゃんとソファーで寝ているにゃん

Dsc_0010

Dsc_0042

| | コメント (13)

今にも咲きそうな

コーネリア

Dsc_0013

Dsc_0026

Dsc_0030

catぬくぬくだにゃん

Dsc_0001

Dsc_0002

| | コメント (12)

ブロンズ色の葉

ふと見ると、挿し木したザ・フェアリーの葉が赤味を帯びていた。

ブロンズ色の葉って、何の葉でも好き。

Dsc_0039

ヘデラも寒さにあたって、ちょっぴりブロンズ色になっている。

葉脈だけに緑色を残しているのが、かえって素敵だと思う。

Dsc_0044

小さな可愛いフウロソウのお花。

この寒さの中で咲いてくれるなんて、嬉しい♪

Dsc_0031_2

フウロソウの仲間のペラルゴニウム・シドイデスにもお花が・・

極小輪だけど、ベルベットのような質感で黒赤色のとってもお洒落な色をしている。

Dsc_0068_2

横顔

Dsc_0071

.

.

今日のにゃんは、なんて目つきが悪いんでしょう~^^;

Dsc_00062_2

| | コメント (4)

ドライになったコーネリア

冬のコーネリアは、ドライになると紫色を滲ませて、まったく別の薔薇みたい。

Dsc_0032

空気が乾燥している冬にはすぐにドライになり、葉っぱまでも、とても綺麗な緑色を残している。

Dsc_0062

Dsc_00971

昨日遠くからはるばるやってきた白い小さな小鳥。

Dsc_01051

今日はお庭で遊んだの。

Dsc_0116

catぼくは時々足を枕にして寝るんだよ。

P1170175

P1180205

| | コメント (6)

「みこ」とお散歩

先日の連休に、実家に帰り、一泊してきた。

実家には「みこ」という女の子の柴犬がいる。

両親は高齢で足が弱っているから、あまり散歩させてやれないので、私が帰ったときにはなるべく沢山散歩させてやるようにしている。

昔、「まる」を連れて、里帰りした時も、こうしてこの道を散歩したな~なんて思い出しながら・・・。

P1140090

「みこ」はとっても穏やかで大人しくて、決して人に向かってほえないの。

きっと、悪い人が来てもほえないだろうから、それだけが心配。

P1140101

P1140102

実家の庭で唯一咲いていたのは、ピンクのさざんか。

P1140043

「まる」が眠っている柿の木の下には今は何も咲いていない。

前帰ったときに、早咲きグラジオラスの球根を埋めてきたから、春にそれが咲いてくれる頃に見に行けるといいな。

P1140070

苔の生えた乙女椿の幹のそばには南天が植えてある。

お正月のおせちをお重に詰める時、いつも南天の葉があればな~と思う私。

この実を播けば苗が出来るのなら、母に頼んで播いてみて貰おうかしら。

P1140050

これは万両。

P1140046

catお利口にお留守番していたよ。

P1130004

| | コメント (16)

固い蕾とにゃん

今日は薔薇の葉を沢山取り、あおいやエリザ・ボエル、コーネリアなどの固い蕾を摘んだ。

生けておいたら開いてくれるものもあるかもしれない。

葉取り作業はまだ半分くらい残っている。

Dsc_0012

Dsc_0007_3

catちょっとピントが合わなかったにゃん

Dsc_0066

| | コメント (10)

こぼれ種からの苗

こぼれ種からの濃いピンク色のアリッサムが少しだけ咲いている。

その下の方に、これもこぼれ種からのネモフィラの葉っぱが見える。

こぼれ種の苗って本当に嬉しいものだ。

Dsc_0059

ヒューケラ・キャラメルは、葉裏が紫がかっていて素敵。

Dsc_0048

魚柳梅は蕾から開花までが随分長かったけど、ようやく沢山咲き出してきた。

Dsc_0033

クローバー・ティントワインだったかしら?

Dsc_0050

エリゲロンはさすがに花数が少なくなってきた。

Dsc_0065

バードバスに浮かべられるお花も少しだけ。

P1110117

P1110113

cat椅子を占領しているにゃん

Dsc_0021

| | コメント (0)

寒さ厳しく

エリザ・ボエルの蕾は寒さの中で固まっている。

Dsc_0032

ヒューケラのキャラメルとシナバー・シルバーは寒さが厳しくてもとても元気。

Dsc_0024

フィカス・プミラも元気。

Dsc_0017

cat暖かい家の中でぬくぬくのにゃん

Dsc_0042

| | コメント (10)

薔薇より大事な

cat新しいカメラが来て、昨日から母さんはご機嫌なの。

「まず、薔薇より大事なにゃん太から撮ってあげるネ。」だって。

Dsc_0001

「目付きが悪いよ~^^;」と言われても、写真嫌いなんだからしょうがないよ。

Dsc_0007

Dsc_0093

ドライになりつつあるコーネリア

Dsc_0085_3

金魚草と桜草

Dsc_0067

レースラベンダー

Dsc_0069

何年か前に百円ショップで買ったブリキの鉢カバー

Dsc_0089

ヒアシンス

Dsc_0081

リシマキア・ミッドナイトサン

Dsc_0075

魚柳梅

Dsc_0083

ネメシアとミニバラのブーケ

Dsc_0017

| | コメント (14)

新春

cute明けましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。cute

P1030024

P1030012

                         魚柳梅

cat寝正月のにゃん

P1020101

| | コメント (20)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »