ドクター・w・ヴァンフリート

遅咲きのドクター・W・ヴァンフリート

やっと咲き始めたドクター・W・ヴァンフリート

今年は不調であまり綺麗に咲いてくれないのが悲しい。

P5290239

P5290237

この薔薇が咲くといつも幼稚園の送り迎えをしていた頃のことを想い出す。

あの頃は私も、今よりはずっと若かったな~

P5290234

今日ヒアシンスの球根を掘りあげてみたら、ちゃんと三球ほど新しい球根が出来ていてしかも小さな赤ちゃん球根までついていた♪

P5290196

グリーンアイス

P5290186

アップルゼラニュームの葉っぱは、林檎の香りがする。

P5290132

アルベルティーヌ

P5290100

P52901011

| | コメント (0)

愛おしい薔薇

思い出の有る薔薇だから、とても大切で愛おしいドクター・W・ヴァンフリート

一季咲きだし、花も開いたらすぐに散ってしまうし、

この地域のあちこちの庭で目にするありふれた薔薇だけど、

それでも私にとってはかけがえのない薔薇。

一晩中降り続いた雨のおかげで、生き生きと瑞々しくよみがえったみたい。

シルバーピンクの透けるような花びらがなんて綺麗なんだろう。

   P5220096

   P5220103

      P5220123

利休梅に絡んで高いところでポツリポツリと咲いているので

思い切って全部切り取ってブーケにしてみた。

スモークツリーの銅葉とかすみそうがお似合いだろうと添えて。

        P5220043

        P5220038_2

また来年元気で咲いてね。

        P5220060

雨の後は庭のどの花も色が深くなるようだ。

        ムシトリナデシコ

        P5220167

   マロウ

   P5220139_2

マロウは今花盛り

   P5220107_2

   

        

        

| | コメント (0)

ドクター・W・ヴァンフリート

蕾から散り際までどの段階も美しいドクター・W・ヴァンフリート

   P5180073

   

| | コメント (0)

雨の後の薔薇

雨に濡れてしっとりと佇んでいたエグランティーヌ

        P5170181

        P5170151_2

   P5170184_2

スイートジュリエット

   P5170157

ニュードーンそっくりな一季咲きのドクター・W・ヴァンフリート

   P5170161

白扇

        P5170176

摘んだ薔薇

   P5170012

   P5170013

   P5170033

良く知らない薔薇に付いて検索していると、すごく素敵なブログに出会うことがある。

写真もためいきが出るほど綺麗でセンスが良くて・・・

これから時々訪問させて貰おうと思っていると、しばらくブログをお休みするとの

記事が載っていた。

ブログを書くのに時間を費やすより、もっともっと薔薇と過ごしたいから・・と。

世の中にはこんなにも薔薇を愛しているひとがいるんだな~

| | コメント (4)

ジギタリスの無い庭

去年はジギタリスがあって、ツンと丈高く伸びた様がいいアクセントになっていたのに、

今年は無いから、薔薇ばかりの締まりのない庭になっている。

        P5150159_2 

赤い薔薇は一季咲きのコマンダン・ボールペール

   P5140031

        P5140020

祖父の薔薇も少しずつ開花してきた。

   P5140002

   P5150094

思い入れのある薔薇ドクター・W・バンフリートは高いところで一番花を咲かせている。

   P5150117

クレマチスデュランディーとジャック・カルティエ

   P5150096

エグランティーヌ

        P5150110

        P5150132

レダ

   P5150095

       

        

   

   

| | コメント (0)

ドクター・W・ヴァン・フリート(たぶん)

かの有名なニュー・ドーンにそっくりだけど、初夏にしか咲かない。

淡い透き通るようなピンク色の儚げで美しい花。

Netで色々検索できるようになって、やっと名前が判った。

なんと「Dr.W.Van.Fleet」というロマンテックでもフェミニンでもない名。

薔薇の名にもこだわる私としては、ちょっとだったけど、

この薔薇の美しさは名を補って余りある。

   Ts332226

なぜこの薔薇が私の庭にあるの?

それはきっと神様からの御褒美だったんだと思う。

      Ts332223

三男を幼稚園に送り迎えしていた十数年前、通園路脇に

この薔薇をフェンスに絡ませて育てている家が有った。

今の時季、それは見事に咲き誇り、いい香りを漂わせていた。

側を通る度、目を奪われ、心も奪われうっとり。

「私も欲しい。私の庭でも咲かせたい。」の気持ちは募れど、なす術なく。

夜陰に紛れて花泥棒をしてまわる怪しからぬ輩が横行している昨今だけど、私はそんな人間ではない。

そして、その家の人に「綺麗な薔薇ですね~。」などと声をかけ、

あわよくば一枝切ってもらえないかと目論むようなずうずうしい人間でもない。

   Ts332564_2

だから、まさかこの薔薇が手に入るなんて思ってもいなかったのだ。

   Ts332557_2

薔薇の季節もとうに終わり、あれは秋も近い頃だったろうか。

なにしろ随分前のことだから記憶もあやふや。

花友 I さんが、知人から貰って挿し木した薔薇が何本も根を出したからあげると言ってきた。

最初はどんな薔薇かわからないしな~とあまり気乗りしなかった私。

ところがところが「どんな薔薇?」と質問してみてわかったのだ。

I さんはあの家の奥さんと知り合いで、あの薔薇を貰って挿し木したのだということが。

   Ts332242_2

そんな訳で、私のこの薔薇に憧れる気持ちが神様に通じたかのようにわが庭にやって来たDr.W.Van.Fleet (この名でたぶん、いや絶対間違いない)は、神様からの贈り物、御褒美だという訳。

   Ts332638_2

本当にうっとりさせるこの色、咲き方、それに香り。

毎年ワクワクしながら咲くのを待っている。

|

その他のカテゴリー

あおい お菓子 にゃん みかも ゆうぜん アイスバーグ アダム アブラハム・ダービー アマンダ・パテノット アルシディック・ジョセフ アルバ・マキシマ アルバ・メイディランド アルベルティーヌ アルンウイックキャッスル アントワーヌ ドルモア アンナ オリビエ イヴォンヌ・ラビエ ウイズリー ウイリアム・シェイクスピア2000 エグランティーヌ エスカペード エリザ・ボエル エンプレス・ジョゼフィーヌ エヴリン オマル・ハイヤーム オールド・ブラッシュ・チャイナ カフェ ガーデニング クリストファー・マーロウ クレメンティナ・カーボネリ グリーンアイス グレイス コマンダン・ボールペール コレット(コレッタ) コーネリア ザ・フェアリー ザ・ポートランド・ローズ シスターエリザベス シャリファ・アスマ シャルル・ド・ミル シャンテ・ロゼ・ミサト ジェイムズ・ギャルウェイ ジェーン・オースチン ジャクリーヌ・デュ・プレ ジャック・カルチェ ジュノー ジュビリーセレブレーション ジュリア ジョルジュ ダンジャン スイートアバランチェ スイート・ジュリエット ストロベリーアイス スーブニール・ド・ラ・マルメゾン セシル・ブルンネ セント・セシリア ダム・ドゥ・シュノンソー ダーシー・バッセル チャールズ・レニー・マッキントッシュ ツダンホンシン デンティー ベス トキンバラ ドクター・w・ヴァンフリート ナニワイバラ ノワゼット・シンデレラ ノーブル・アントニー ハンティントン・ピンク・ティー バタースコッチ バフ・ビューティー バロン・アンリエット・ド・スノイ バロン・ジロー・ド・ラン パーマネントウエーブ ピンクパール ファンタン・ラトゥール フェア・ビアンカ フェリシア フェリシテ・パルマンティエ フランシス・デュブルイ フランソワ・ジュランビル? ブラックプリンス ブラッシュ・ノワゼット ブーケ・ドール プリンセス・アン ヘリテージ ヘルモサ ペネロープ ペルル・ドール ホワイト・メイディランド ボレロ マダム・アルフレッド・ドゥ・ルージュモン マダム・ピエール・オジェ マドモアゼル・フランチェスカ・クルーガー マリー・デルマー マルチェサ・ボッチェラ メヌエット ラジオ・タイムス ラッセリアーナ ラデュレ ラブミーテンダー ラベンダー コルダナ ラ・フランス ルイーズ・オディエ ルイ14世 ルージュ・ピエール・ド・ロンサール レダ レディ・エマ・ハミルトン レパンディア レンゲローズ レース編み ロジャー・ランベリン ローズ・ムーア ワイルドイブ ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ 万葉 名前不明の薔薇 大切にしている本 手作り 日記 日記・コラム・つぶやき 祖父の薔薇 粉粧楼 紫燕飛舞 紫玉 結愛 緑光 薔薇